キャラクターデザイナーになるための学校(大学、専門学校)

どんな学校に通うべき?

キャラクターデザイナーになるうえで、絶対に通わなければならない学校があるわけではありません。

学歴はあまり問われないため、いまキャラクターデザイナーとして活躍している人たちも、さまざまな道のりをたどってこの仕事に就いています。

ただし、仕事をしていくうえではデッサン力やグラフィック系のソフトを扱うスキルが必要不可欠となるため、まずは美術系大学やデザインの専門学校などで基礎的な知識と技術を身に付けるのが一般的です。

大学

美術大学などでは、デザインを専門的に学べる学科が進学先の候補となるでしょう。

デッサン力を高め、4年間という時間をかけて幅広い絵のセンスや感性を磨いていくといった意味では、大学での学びもおおいに生かすことができるでしょう。

数はさほど多くありませんが、アニメーションやキャラクターデザインについて学べる大学もあります。

専門学校

キャラクターデザイナーは人気のある職種であり、最近ではキャラクターデザインを専門的に学べるコースを置いている専門学校が増えています。

専門学校では就職に直結する実践的なカリキュラムが組まれており、企業と提携して現場で活躍する講師の講義が行われたり、在学中にインターンシップで職業体験ができるようなところもあります。

在学年数は2年や3年のところが多いですが、限られた時間で、就職活動に直結する学びをしたいと考える人は、専門学校へ進学するケースが多いようです。

民間のスクール

デッサンスキルやCGソフトの扱い方などを身につけたいのであれば、民間のスクールが開講する講座を利用することも可能です。

スクールであれば、大学や専門学校よりもずっと短期間で、費用も抑えながら学ぶことができます。

ただし、キャラクターデザイナーになる道は険しく、自分でも日々勉強をしてスキルアップに努める必要があるでしょう。

キャラクターデザイナーの学校は、数多く存在します。

その中でも、ヒューマンアカデミーはキャラクターデザイナーの専攻コースが用意されており、プロによる指導を受けることができるスクールとして人気です。

資料は完全無料で取り寄せることができますので、キャラクターデザイナーに興味がある、将来キャラクターデザイナーを目指したい人は、まずは無料資料請求してみましょう。