ケアマネジャーになるためにはどんな学校に行けばいい?

ケアマネジャーになるために特別な学歴は必要ありません。

ただし、ケアマネジャーの資格試験を受けるルートのひとつとして「基礎資格」と呼ばれる国家資格の取得や、5年以上の実務経験が求められてきます。

こういった事情もあり、必然的に社会人が目指すことが多いのがケアマネジャーの特徴です。

仕事と勉強を両立させるために、独学・通信講座を積極的に活用して資格取得を目指す人が多くいます。

ケアマネジャーになるための学校の種類

学歴は必要なし

ただし、ケアマネジャーの試験(介護支援専門員実務研修受講試験)を受けるためには「基礎資格」と呼ばれる国家資格(介護福祉士社会福祉士看護師理学療法士など)と、5年以上の実務経験が必要です。

国家資格を持たない人の場合、老人福祉施設や在宅介護業務に従事、あるいは施設長などとして5年以上の経験を積まなくてはなりません。

こういった事情もあり、実際には大学・短大・専門学校などで介護福祉や社会福祉などについて専門的に学んで国家資格を取り、いったん就職して実務経験を積んだ人が、ケアマネジャーを目指すケースが多くなっています。

仕事と勉強の両立

ケアマネジャーの資格試験は実務経験を積まなくては受験できないため、受験する人の多くは社会人です。

ケアマネジャーの試験対策用に、問題集や模擬問題など多くの本や参考書が市販されています。

自分に合ったものを選んで、働きながら独学で合格を目指す人も多くいます。

ただし、仕事と勉強の両立は決して楽なものではありません。限られた時間でいかに効率的に学習するかが大事なポイントになってきます。

ケアマネジャーになるには? 必要な資格要件は?

ケアマネジャーになるための通信講座

ケアマネジャーになるための通信講座とは?

働きながらケアマネジャーの勉強をする人は、通信講座を活用することが多いです。

通信講座は、ポイントを絞ったオリジナルの教材によって効率よく学べるように工夫されています。

最近の試験の出題傾向や、試験に出ると予想される重要なポイントがわかります。

また、最新の法改正にも対応しているため、ムダなく合格のポイントをつかむことができるのもメリットです。

基本的にはテキストを使用しますが、副教材としてDVDやインターネットを駆使した学習、通信添削など、さまざまな学習方法が提供されています。

受講者同士の交流の場をネット上で提供している講座もあり、完全な独学と比べると、モチベーションを保って学習を続けやすい環境があるといえるでしょう。

通信講座によって特色はさまざま

ケアマネジャーの通信講座は、それを提供する企業によって特色があります。

テキストや副教材の内容も異なりますし、疑問点などを質問できるサポート体制にも違いがあります。

専門学校が主催している通信講座の場合、通学での講義にも参加できたり、有料のオプションサービスによって試験直前対策講座を受けられたりするものもあります。

そのほか、AIによる個人弱点克服診断や添削指導、Web学習(eラーニング)など、各社内容を工夫して差別化を図っています。

通信講座の費用

ケアマネージャーの通信講座の受講料金は、一般的に3万円から5万円前後となっています。

なかには「教育訓練給付制度(一般教育訓練)」を使える講座もあるため、自分が対象となる可能性がある場合は情報を調べて活用するとよいでしょう。

なお、通信講座で学習しながらさらに弱点克服や試験に慣れるために、予想問題や模擬問題集を併用している人も多いです。

ケアマネジャーの学校選びのまとめ

ケアマネジャーになるために特別な学歴は必要ありません。

ただし、試験の受験資格として「実務経験」が必須となるため、働きながら独学で合格を目指す人も多くいます。

独学におすすめの通信講座は効率よく学べるように工夫されており、試験の最新の出題傾向や、試験に出ると予想される重要なポイントがわかります。

そのほか、AIによる個人弱点克服診断や添削指導、Web学習(eラーニング)など、各社内容を工夫して差別化を図っています。

講座ごとに実習環境やカリキュラムに大きな違いがあるため、よく比較することが大切です。