ケアマネジャーになるためにはどんな学校に行けばいい?

ケアマネジャーになるために特別な学歴は必要ありません。

ただし、受験資格には実務経験が必須です。

働きながら独学・通信講座などを活用して資格取得を目指す人が多いようです。

ケアマネジャーになるための学校の種類

学歴は必要なし

ただし、ケアマネジャーになるためには「基礎資格」と呼ばれる国家資格と実務経験、国家資格を持たない人は持っている人よりも長い実務経験が必要です。

そのため、大学・短大・専門学校などで介護学・介護福祉・社会福祉などを学び、1度就職して実務経験を積んだ人がケアマネジャーを目指す場合が多いようです。

仕事と勉強の両立

ケアマネジャーの資格(介護支援専門員実務研修受講試験)を受験する人の多くは社会人です。

問題集や模擬問題など多くの本や参考書が売られていますので、自分に合ったものを選んで働きながら独学で合格を目指す人も多いようです。

専門学校などが通学生向けのケアマネジャー対策コースを開催することもありますが、社会人が通学して試験対策をするのは難しいかもしれません。

ケアマネジャーになるには? 必要な資格要件は?

ケアマネジャーになるための通信講座

ケアマネジャーになるための通信講座とは?

働きながらケアマネジャーの勉強をする人には、通信講座が多く利用されています。

通信講座は効率よく学べるように工夫されており、試験の出題傾向や試験に出ると予想される重要なポイントがわかります。

また最新の法改正にも対応しているため、無駄なく合格のポイントをつかむことができます。

基本的にはテキストを使用しますが、副教材としてDVDやインターネットを駆使した学習、通信添削などさまざまな学習方法が提供されています。

受講者同士の交流の場をネット上で提供しているところもあるなど、独学と比べるとサポートも充実しているというメリットもあります。

特色ある通信講座

ケアマネジャーの通信講座は、提供する企業によって特色があります。

大手の某通信講座では、標準学習時間がケアマネジャーの受験資格となる基礎資格によって異なります。

「社会福祉士」「介護福祉士」「精神保健福祉士」であれば約5ヵ月コース、「医師」「歯科医師」であれば3カ月コース、「看護師」「保健師」「薬剤師」「理学療法士」などであれば6カ月コースと設定されています。

専門学校などが主催している場合、通信講座だけでなく通学での講義に参加でき、試験直前対策講座を受けられたりするなど有料のオプションサービスもあるようです。

そのほか、AIによる個人弱点克服診断や添削指導、WEB学習(eラーニング)など、各社内容を工夫して差別化を図っています。

通信講座の費用

通信講座の受講料金は一般的に3万円から5万前後となっており、なかには教育訓練給付制度(一般教育訓練)を使えるところもあるため、自分が対象となる可能性がある場合はしっかりと調べておきましょう。

通信講座で学習しながらさらに弱点克服や試験に慣れるために、予想問題や模擬問題集を併用している人も多いようです。

ケアマネジャーの学校選びのまとめ

ケアマネジャーになるために特別な学歴は必要ありません。

ただし、受験資格には実務経験が必須ですので、働きながら独学で合格を目指す人も多いようです。

通信講座を活用する人もいます。

通信講座は効率よく学べるように工夫されており、試験の出題傾向や試験に出ると予想される重要なポイントがわかります。

そのほか、AIによる個人弱点克服診断や添削指導、WEB学習(eラーニング)など、各社内容を工夫して差別化を図っています。

同じ内容を学ぶとしても実習環境やカリキュラムに大きな違いがあるため、よく比較することが大切です。