キャリアコンサルタントの勤務時間・休日

キャリアコンサルタントの勤務時間

キャリアコンサルタントの勤務時間は、勤務場所や雇用形態によって多少異なってきます。

基本的には日勤であり、正社員として企業に所属する場合は、9~18時くらいの間で、1日7.5時間〜8時間程度の勤務となるでしょう。

一方、契約社員や派遣社員の場合は、フルタイム勤務の場合もあれば、正社員よりも短い勤務時間が定められている場合もあります。

またパートタイマーとして、1日に数時間程度の勤務を続けている人もいます。

夜勤になることはなく、自分の裁量でスケジュール管理ができる職場も増えているようです。

しかし転職を希望する相談者のコンサルティング業務では、相談者が仕事を終えた夕方以降に面談の約束を入れるため、少々遅い時間まで働くことがあります。

キャリアコンサルタントの休日

キャリアコンサルタントの休日に関しても、勤務時間と同様に、どのような場所で、どの雇用形態で働くかによって異なります。

一般企業や教育機関では、土日祝日を休みとする完全週休2日制となる場合が多いです。

一方、ハローワークなどの公的職業紹介機関に勤務する場合は、土曜日の勤務を求められる場合もあり、その場合は日曜日と平日に休みをとることが増えるでしょう。

独立して働くキャリアコンサルタントに関しては、自身が得意先と結んだ業務委託契約の内容によって勤務時間や休日が決定します。

キャリアコンサルタントの残業時間

キャリアコンサルタントの残業時間は、通常時はそこまで多くありません。

仕事の進め方やスケジュール調整は個人に任せられるケースが多いため、効率よく仕事を進めれば、ほとんど残業せずに職場を出ることが可能です。

しかし、日によっては求職者との面談が夕方以降に立て込んだり、急な会議への出席や事務作業に時間がとられたりし、2~3時間程度の残業をすることもあります。

職場によっては残業が当たり前の状況になっていることもあるため、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

キャリアコンサルタントは忙しい? 激務?

キャリアコンサルタントのように、人のキャリアを支援するのは責任をともないますが、適切にオンオフを切り替えられる職場環境があれば、そこまで激務とは感じないでしょう。

しかし人材派遣会社などで、キャリアコンサルタントでありながら営業の仕事も兼任している場合、業務量が非常に多くなって心身ともにハードだと感じる人もいます。

また、なかなか担当している求職者の進路が決まらないなど、仕事がうまくいかないときは、忙しさを感じやすいようです。

キャリアコンサルタントの休日の過ごし方

キャリアコンサルタントは日ごろ多くの人と会う仕事をしているため、休日はゆっくりリラックスすることが大切です。

あえて一人になって自分の時間を存分に楽しむ人もいますし、友人や恋人、恋人などと出かけてリフレッシュする人もいます。

ただ、キャリアコンサルタントは、資格をとればそこがゴールではなく、継続的に学んで専門性を高めていかなくてはなりません。

そのため勤務時間外や休日を利用して、スキルアップのための勉強会や講習を受けている人も少なくありません。

キャリアコンサルタントの1日のスケジュール・生活スタイル