カメラマンの勤務先の種類と仕事内容の違い

カメラマンの勤務先・働き方の種類

カメラマンが活躍できる場はたくさんあります。

まず挙げられるのが、新聞社出版社広告制作会社などのマスコミ・メディア系の企業です。

また、家族の記念写真や証明写真などを撮影するための写真スタジオや、一生に一度の大切な結婚式の日を撮影する結婚式場があります。

このような企業・組織では、正社員のほか、契約社員やパート・アルバイトなど、多様な雇用形態のカメラマンが活躍しています。

このほか、特定の企業や組織に所属せず、フリーランスでさまざまな仕事をしているカメラマンも少なくありません。

カメラマンの仕事内容

新聞社・出版社・広告制作会社で働くカメラマン

新聞社

事件や事故が起きた際や、ニュースになりそうなネタが見つかったときに現場に行って撮影をします。

このようなカメラマンは、一般的には「報道カメラマン」と呼ばれています。

基本的には新聞社に正社員として就職する必要がありますが、不定期でアルバイトのカメラマンの求人が出ることもあります。

出版社

出版社には、雑誌や書籍に使用する写真を撮影するカメラマンが在籍しています。

撮影する写真は、モデルそのものであったり、洋服やアクセサリーなどのモノであったり、あるいは風景や料理、スポーツであったりと、担当する雑誌・書籍によってさまざまです。

大手企業では社内に社員のカメラマンがいますが、小さな出版社や制作プロダクションでは、フリーランスの外部カメラマンと契約をして、案件ごとに依頼しているパターンも多いです。

広告制作会社

スタジオや屋外ロケで、広告に使用する写真の撮影を行います。

広告制作会社は小さな会社も少なくありませんが、その仕事にはカメラマンが必要不可欠なため、自社でカメラマンを置いている場合が多いです。
アシスタントの募集が出されることも多いです。

写真スタジオで働くカメラマン

七五三や成人式など、家族の記念写真や証明写真などを撮影するスタジオも、カメラマンが活躍する場のひとつです。

最近では、自然な雰囲気の中で子どもの成長の記録を撮影する専門の写真スタジオも増えてきました。

このような場では、他のカメラマンに比べて一般のお客さんと接する機会も多いです。

結婚式場で働くカメラマン

結婚式場には、結婚式を専門で撮影するカメラマンが在籍しています。

社員となりその式場の専属カメラマンとして働く人がいる一方、フリーランスで活動している人も多い分野です。

結婚式の様子は撮り直しがききませんし、とっさの判断での撮影も多くなるため、難しいものです。

結婚式を撮るカメラマンは、通称「ブライダルカメラマン」もしくは「ウエディングカメラマン」と呼ばれます。

ウエディングカメラマンの仕事

独立・開業して働くカメラマン

カメラマンの事務所で働く

カメラマンは、企業などに所属して働くのではなく、独立してフリーランスで活動する人も多い職業です。

フリーランスのカメラマンは、完全に個人の名前のみで仕事を請け負うこともありますが、事務所を立ち上げて「〇〇△△(カメラマンの氏名)写真事務所」といった看板を掲げるケースもよく見られます。

その事務所に所属しているのはカメラマン一人だけということもあれば、何人かのカメラマンが集まって事務所を作っていることもあります。

また、撮影スタジオを併設し、事務所内で撮影ができるようにしているところもあるようです。

一般的に、カメラマンの事務所では、クライアントから撮影の依頼を受けると、打ち合わせを行ってスタジオあるいは出張にて撮影を行います。

撮影する内容は、記念写真、ポートレート、商品写真、結婚式、各種イベントなど多岐にわたりますが、事務所によって人物撮影を得意にしていたり、広告写真を専門にしていたり、あるいはオールマイティーに手掛けていたりとまちまちです。

大きな事務所になると、カメラマン以外にスタイリストやヘアメイクといった他職種のスタッフも所属していることがあり、協力して撮影を行います。

カメラマンの事務所でアシスタントとして働くには

新人カメラマンは、まずカメラマンの事務所のアシスタント募集に応募して、先輩の下で経験を積んでいくこともできます。

カメラマンの事務所は全国にたくさんありますが、規模はまちまちで、必ずしもすべての事務所で求人が出ているとは限りません。

しかし、カメラマンの世界では「アシスタント」の需要も大きく、個人で活動しているカメラマンでも、アシスタントを募集することがあります。

また、カメラマン集団の事務所であれば、随時応募を受け付けているところもあるようです。

どうしてもこのカメラマンの下で働きたいといった場合は、募集されていなくても自らアプローチしてみるのもよいでしょう。

事務所での求人はホームページなどのみで、かつ不定期に出されることも多いため、こまめなチェックが必要です。