カフェオーナーになるための専門学校、スクール、講座

カフェオーナーになるための学校とは?

カフェオーナーになるうえで、特別な学校を出ていなければならないということはありません。

学歴が問われるわけでもなく、高卒でも、大卒でも、カフェオーナーになりたいという強い気持ちがあれば、誰でもカフェオーナーを目指すことは可能です。

しかし、カフェオーナーは経営者です。したがって、最低限、経営の知識を身につけておくことは不可欠だといえます。

また「飲食業」という、ある意味独特の業界でビジネスをすることになるため、店舗運営のノウハウやスキルについても得ておく必要があるでしょう。

こうしたことを効率よく学ぶひとつの手段として、カフェに関連する専門学校や民間スクール、講座を利用することが挙げられます。

専門学校であれば、フード系、なかでもスイーツや製菓の学校の多くは、カフェに関わるビジネスに就きたい人を対象とした学科やコースがありますし、調理系の専門学校でもカフェコースを置くところがあります。

このほか、民間のスクールでも長期あるいは短期のカフェビジネス講座を開講している場合があります。

こうした情報は、インターネットを使って手軽に調べることができるでしょう。

学べる内容について

カフェオーナーになるための専門学校やスクールでは、店舗経営に必要な知識・技術から、接客・サービス、さらにカフェで提供できるメニュー作りまで、講義と実習を通して幅広く学ぶことができます。

在学中に、よりリアルなカフェ運営が身につくよう、実習に力を入れている学校もあるようです。

また、こうした講義を通じて「食品衛生責任者」をはじめ、「サービス接遇検定」「菓子製造技能士」といった各種資格の取得が目指せる学校もあります。

学費や受講料は?

このような専門学校などでかかる学費や受講料については、通う学校や受講する講座によって異なります。

昼間制の専門学校(1年制)の場合には、入学金から諸費用まで合わせて140万円~150万円程度というところが多いようです。

短期間の講座であれば、数万円程度でおさまる場合もあります。学費面も含めて、いろいろな学校・スクールを比較してみるとよいでしょう。