客室乗務員の働き方・勤務形態

客室乗務員の雇用形態

以前は大手の航空会社でも契約社員からのスタートである場合がほとんどでしたが、近年では人材の早期育成やモチベーションの向上を目的として、大手航空会社・LCCともに正社員として客室乗務員を採用しています。

契約社員での採用が一般的だったころの給与は時給で算出され、年収が200万円代に留まる人も珍しくありませんでしたが、正社員となることで待遇の改善も見込まれています。

まだ契約社員として働く人も多い仕事ですが、今後は正社員として働く客室乗務員の割合がより増えていくと予想されます。

航空会社によっては、正社員として採用されると「空の上の仕事」だけでなく本社の企画や広報などの地上職を経験することも可能です。

未経験から正社員の客室乗務員になるには

未経験から正社員の客室乗務員となる場合は、航空会社が行う採用試験を受験します。

採用の基準は新卒・既卒でさほど差はありませんが、どちらも人気のため高倍率となることがほとんどです。

まずは希望する航空会社の採用基準を確認し、英語力をはじめとした必要なスキルを身に付けるなどしっかりと対策をしておくことが必要です。

正社員の客室乗務員の状況

大手航空会社の場合、毎年新卒採用で定期的に数百人の客室乗務員を募集しています。

正社員として勤めることを希望する場合は、学生のうちにしっかりと知識やスキルを身に付け、新卒採用を目指すのが一番の方法です。

中途採用の場合は定期的な採用とは限らず、人数も限られていることが多いため、狭き門となります。

新卒・既卒とも非常に倍率が高く人気の職業ですが、不規則な勤務体制や仕事の大変さから離職する人も少なくありません。

正社員の客室乗務員のメリット・デメリット

正社員として採用されることのメリットは、給料・待遇ともにほかの雇用形態よりも安定していることです。

また正社員の場合、客室乗務員として働きぶりが認められると、企画・広報・人事などの本社での仕事を担当することもあり、客室乗務員以外の道も開けます。

正社員の客室乗務員の給料・待遇

契約社員での採用が一般的だったころと比べ、正社員となることでより給料もアップし待遇についても手厚くなってきています。

ただし、他の職業と比べて劇的な差はなく、不規則な勤務体制や重責を担う仕事の割に給料はそれほど高いわけではないということを知っておきましょう。

契約社員の客室乗務員

契約社員の客室乗務員の仕事内容

正社員が増えているとはいえ、未だに契約社員として働く客室乗務員が多いのが実情です。

LCCや地方のエアラインなどは、コスト削減のため契約社員採用をしている企業が多くあります。

契約社員も、正社員と基本的に仕事内容は変わりません。

お客さまからすると、正社員でも契約社員でも同じ客室乗務員に変わりありません。

たとえ契約社員だとしても、正社員と同じように責任をもってサービスに当たることが求められます。

契約社員の客室乗務員の求人状況

正社員の求人に比べ、契約社員の求人は多く見られます。

そのため、正社員と比べて採用のハードルは低いものとなるでしょう。

ただし、正社員と比べ待遇や給料で差があることもあるため、あらかじめしっかりとリサーチしてから試験に臨むことが必要です。

未経験から契約社員の客室乗務員になれる?

正社員と比べ、契約社員の求人数は多く、未経験から転職する場合も比較的容易と言えます。

ただし、実務上は正社員と全く同じ仕事をすることになるため、英語力や接客スキルは同等のレベルが求められます。

契約社員だからと甘く見ていては、実際現場に立った時につらい思いをするかもしれません。

契約社員の客室乗務員のメリット・デメリット

契約社員のメリットは、航空業界や客室乗務員を目指す人にとって足掛かりとなりやすいことです。

契約社員だとしても、一度現場で経験を積めば、正社員に登用されるチャンスとなります。

デメリットとしては、やはり正社員と比べると給料や待遇で差がでることにあります。

現場では正社員と同様の仕事が求められるため、不公平さを感じる人も少なくないでしょう。

契約社員の客室乗務員の時給・給料

契約社員の場合は、時給換算が一般的で、設定された時給×労働時間がそのまま給料になります。

そのため、新人のうちは他の職業と比べても収入が少なく、苦しい生活をする人も少なくありません。

派遣・パート・アルバイトの客室乗務員

客室乗務員には、派遣社員やパート・アルバイトとして働く人はほとんどいません。

多くが正社員と契約社員で構成されているためです。

なかにはさまざまな都合で日勤のみや短時間勤務のみをしている人もいますが、これは企業側が設けている制度を利用している人が多く、自ら申し出ない限りは一度雇用された形態が変わることはほとんどありません。