客室乗務員になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・スクール)

客室乗務員になるための学校の種類

客室乗務員は人気が高い職業であるため、採用試験も高倍率になります。

また仕事柄、数回の面接試験を含む「人柄重視」の試験であることも特徴的です。

それだけに、合格に近づくためにはしっかりとした対策が欠かせません。

客室乗務員になるための学校としては、大学(短大)・専門学校があります。

記事タイト客室乗務員になるにはル

客室乗務員になるための大学

さまざまな学部・学科から客室乗務員へ

客室乗務員を目指すための大学としては、観光系・旅行系の学部・学科、航空系の知識が学べる学部・学科などがあります。

ただし、こうした客室乗務員に直結する学科や学部でなくても、客室乗務員に採用される可能性は大いにあります。

自分の語学力を生かしたいと、英語や第二外国語など語学系の学部・学科の学生が客室乗務員を目指すことも少なくありません。

客室乗務員は大学卒の学歴が有利?

かつては客室乗務員の人気が高く、学力が高い大卒での入社が一般的でしたが、現在では必ずしも4年制大学を卒業しているから採用で有利というわけではありません。

エアライン系の専門知識を学んできた専門学校生の方が、すぐに現場に馴染めるということから、専門学校卒の学生を積極的に採用するところもありますし、実際現場では専門学校卒の客室乗務員も多く働いています。

大学卒だからといって学歴に甘んじることなく、客室乗務員に対する熱意や努力をアピールしていかなければ、専門学校卒の学生と対等に張り合うことは難しいでしょう。

客室乗務員になるための専門学校

エアライン系の専門学校は多い

観光系もしくは航空業界に特化した専門学校は全国に多くあります。

「エアライン学科」などの名称が付いている場合もあり、その多くは2年制もしくは3年制で、航空会社への就職を目標とした密度の濃いカリキュラムが組まれています。

また、同じ目標に向かう仲間と一緒に学ぶことで、励まし合ったり情報交換ができたりするのもメリットといえます。

専門学校の場合、学費は1年間に100万円から120万円程度で、初年度は入学金が10万円ほどかかるのが一般的です。

客室乗務員に専門卒の採用はある?

客室乗務員の採用資格は会社によってまちまちですが、大手(JAL、ANA)の場合は新卒、既卒に関わらず「専門学校以上」とされていて、専門学校卒でも十分に採用される可能性はあります。

大学卒の採用も多いですが、客室乗務員になるための専門学校を卒業して客室乗務員になったという人も多くいます。

年齢や身体条件、居住条件、英語力など、いくつかの応募資格祖しっかりと満たしていれば、専門学校卒でも十分に客室乗務員を目指すことができます。

客室乗務員になるためのスクール

エアラインスクール

客室乗務員の勉強に特化した民間のスクール(エアラインスクール)も数多くあります。

専門学校よりも通学期間は短いですが、試験の内容を熟知した講師たちによって、試験のポイントなどを教えてもらえます。

国内だけでなく外資系航空会社を専門にしたスクールもありますが、いずれも学校法人の専門学校とは違い、スクールによって通学日数、カリキュラムはだいぶ異なります。

仕事をしながら通える夜間・土日開講の講座もあるため、大学に通いながら並行して民間のスクールに通う人も少なくありません。

民間のエアラインスクールの場合は、数回のみの面接対策講座だけであれば5万円程度、客室乗務員採用試験の内容すべてを網羅するとなると、30万円から50万円程度かかることが多いようです。

エアラインスクールで学ぶこと

TOEIC対策

国内航空会社ではTOEIC600点以上の取得を求められる場合が多いため、英語を中心とした語学力を高めるカリキュラムが組まれています。

質問への適切な答え方はもちろんですが、面接時のマナーや面接での姿勢・身だしなみなどに関しての対策もします。

自己分析をし、採用担当者にしっかりと自己PRができる練習も繰り返し行い、各社の採用試験に対応できるスキルを身に付けます。

外資系航空会社を目指す場合は英語での面接練習も行います。

試験対策

書類審査・筆記試験を通過するために、エントリーシートの書き方や筆記試験のポイントを学びます。

ときには書類に送付する写真の撮り方やメイクの仕方などを指導したり、グループディスカッションの練習をしたりすることもあります。