病棟クラークになるための専門学校、通信講座

病棟クラークの現状

病棟クラークは、病棟の運営になくてはならない職種です。

しかし、まだまだ世間には広く認知されていない現状もあります。

医療関係の仕事の中でも「医師」や「看護師」「薬剤師」「医療事務」などの職業名は多くの人に知られていますが、「病棟クラーク」という職業名を聞いたときに仕事の内容や資格の有無について知っている人はそれほど多くはないでしょう。

このため、病院で働いている際にも患者さんから看護助手や医療事務と間違われて仕事を頼まれることもありますし、周囲の人に仕事のやりがいや大変さをわかってもらいにくいという現状はあるようです。

病棟クラークになるには? 必要な資格は?

病棟クラークの需要

病棟をスムーズに運営していくために、病棟クラークの存在は欠かすことはできません。

そのため、病院が存在する限り、病棟クラークの人材需要はあり続けるという考え方も可能です。

しかし、新規の求人はあまり多いとは言い切れない状況です。

というのも、病棟クラークはひとつの病棟にあまりたくさん必要ということがなく、小さな病棟では1名や、複数の病棟を掛け持ちで1名という配置の場合もあります。

そのため、現在既に働いているスタッフが退職しない限り、なかなか次の求人は出ません。

希望する病院に希望するタイミングで就職できるかどうかは運による部分も大きいというのが現状です。

病棟クラークの将来性

病棟クラークの仕事は、病棟がある限りなくなることはありません。

また、電子カルテや病院運営の技術革新に伴い、病棟クラークが担う役割は増えています。

そういう意味では、職業としての病棟クラークの将来性は安定しているということができます。

一方、実際に病棟クラークとして働く人材の中には、雇用環境への不安や不満を感じている人も少なくありません。

というのも、病院という特殊な場所で一日中慌ただしく働く立場である病棟クラークですが、国家試験が必要な資格職というわけではありません。

そのため、医師や看護師のような医療の専門職と比べると給料が低いという現実があるのです。

また、正社員として雇用されてどんどん昇給していくというような人はまれで、契約社員や派遣社員という不安定な雇用環境の人も少なくありません。

そのため、病棟クラークとして働き続けるためには、雇用状況や立場の安定という点において課題が多いと言わざるを得ないでしょう。

病棟クラークの今後の活躍の場

医療技術やそれに伴うテクノロジーの向上・多様化に伴い、病院や病棟のあり方も変わってきています。

病棟クラークの仕事も、それに合わせて柔軟に変化していくと考えられます。

また、医療界全体として、治療の場を病院だけでなく、自宅へ移行していこうという流れがあります。

在宅療養で実施できる医療行為が増え、医療の現場として在宅医療を担う機関が今以上に充実・高度化した場合、病棟だけでなく、在宅医療を担うクラークが必要になる可能性もあります。

あるいは、これまでにない形式での医療提供が行われることになり、全く新しいクラークが生まれる可能性もあります。

今後、さらに社会の高齢化が進み、医療ニーズがふえるにともない、クラークの仕事も多様化・複雑化していきます。

したがって、病棟クラークは、日本の医療界において将来的にもさらに重要になっていくと考えられます。