物流企業の種類

物流企業は、輸送の手段などによっていくつかの種類に分けることができます。

それぞれについて見ていきましょう。

陸運

トラック、鉄道などを使った陸上での輸送を行う会社です。

宅配便や郵便など、私たち一般生活者にとっても最も身近なサービスを手掛けているといえるかもしれません。

ネット通販が普及するなか、即日配送など、以前にも増して安全かつスピーディーな輸送が求められるようになっています。

海運

国全体を海に囲まれている日本では、船を使ってモノを運ぶ海運も効率的に利用されています。

陸運、空運に比べて時間がかかりやすいですが、大型船を用いることによって、一度に大量のモノを運ぶことが可能になります。

海運は海外との取引も多く、石油や鉄鉱石をはじめとする資源は海運を中心に運ばれています。

空運

空運も、海外とモノのやりとりを行う国際物流で活用されているものです。

航空会社系列の物流企業のほか、「フォワーダー」といって、自社で輸入時の通関手続きや国内での輸送代行をするサービスを手掛ける物流企業もあります。

比較的小型で軽量な荷物を、距離がある場所へもスピーディーに運べることが特徴です。

3PL

物流業界の新しい概念として、「サードパーティー・ロジスティクス(3PL)」と呼ばれる事業を営む種類の企業も出てきています。

3PLとは、荷主となるお客さま企業の物流業務を一括して物流会社が請け負うしくみのことをいいます。

一般的には、荷主の立場にたち、ロジスティクスの企画・設計・運営に関わる事業を営む物流企業が「3PL」と呼ばれています。

荷主側のメリットとしては、物流のプロである物流企業に物流の一切を任せることで、自社の事業に集中できる環境を作りやすいといったことが挙げられます。

最近では、この3PLの需要が急速に拡大していることもあり、3PL事業を手掛ける物流企業も増えてきているようです。