物流企業の就職、求人、採用の状況

積極的な採用が行われている

物流業界は、慢性的な人手不足が続いているといわれます。

とくにドライバー職は高齢化が進んでおり、若手の採用や育成が急務とされますが、その他の職種でも若い力を求めている企業は多く、積極的な新卒採用が行われているようです。

大手企業はもちろん、中小企業でも、毎年のように新卒採用を行って、自社で育成に取り組んでいるところは数多くあります。

また、労働人口が減少しているなか、最近では女性の活躍にも期待が高まっています。

これまで男性中心の世界とされてきた物流業界では、女性にとって働きやすい制度や職場環境を整える企業も増えているようです。

とくに学校を卒業してすぐに就職する新卒や、第二新卒、20代から30代前半くらいの人であれば、未経験であっても採用される可能性は十分にあるといえるでしょう。

業界研究はしっかりと

物流業界が人手を求めているとはいっても、やはり業界トップクラスの企業になると、給料や待遇の良さもあり、就職先としては人気が集まりやすいようです。

意識の高い学生も集まりやすいため、採用試験に臨む際には、しっかりと事前準備をし、とくに業界の役割を理解しておくことが重要です。

知名度が低い会社にも注目を

どの業界でも、どうしても知名度のある一部の有名企業にばかり注目が集まりがちですが、そういった企業は学生が集まりやすく、採用試験においてかなりの高倍率になることも珍しくありません。

しかし、物流企業は全国に数多くあり、一般の人にとっては知名度が低い企業でも、独自のサービスで堅実な経営を続けていたリ、海外展開を成功させるなどで成長している優良企業があるといわれます。

また、社風もさまざまであるため、一概に大手企業が自分にピッタリと合うとは限りません。

書籍やインターネットも用いながらしっかりと業界研究を行って、さまざまな企業に目を向けてみると、本当に前向きに働ける企業を見つけられる可能性が高まるでしょう。

新卒の場合、キャリアチケットというサービスを利用して、志望動機の添削や面接対策など、物流業界の内定を勝ち取るためのサポートを受けるのもよいでしょう。

キャリアチケットは「累計6万人以上が利用し、内定率80%」「最短3日で内定を獲得できる」など、利用するメリットが多いサービスとして多くの学生から支持を受け、累計利用者数6万人以上となっています。