文房具メーカーの種類

企業の規模やビジネスモデルによる種類分け

文房具メーカーは、「最大手」といわれる従業員数が数千人程度の企業から、従業員数が数十名程度の小規模な企業まで、大小さまざまな企業が存在します。

大手になると、全国各地に事業所や支社・営業所および工場を構えているほか、アジアやヨーロッパといった海外にも拠点を設けてグローバル展開をしている企業が増えつつあります。

また、手掛ける商品の種類も多様な筆記具から手帳、ダイアリーなどの各種文具、産業資材など幅広く、さらに家具やオフィス用具、宝飾品などの領域にまで進出している企業も出ています。

また、通販事業と併せて事業を展開し、流通卸を通さずに顧客に対して直販で販売するビジネスモデルをとっている企業もあります。

一方、小規模の企業は特定の商品に絞って、その分野の高い開発力を生かした製造を行っていたり、その会社ならではといえるユニークな商品に強みを持っているところが多いようです。

主として扱う品目による種類分け

文房具メーカーのなかには、大手のように多種多様な文房具を企画・開発するメーカーもありますが、特定の分野の研究を進め、それに関連するものづくりに強みを持っているところが多いようです。

大きく分けると、以下のようなメーカーが存在します。

筆記具・小物文具を主とするメーカー

鉛筆、万年筆、ボールペン、カラーペンなどの筆記具に強みを持っているメーカーです。

事務用品を主とするメーカー

筆記具、付箋、クリップ、ステープラーなど、事務作業で用いることの多い文房具に強みを持っているメーカーです。

作業道具を主とするメーカー

糊・接着剤などに強みを持っているメーカーです。

紙製品を主とするメーカー

ノート類、包装紙・封筒、専門紙類、学童向けノートなどに強みを持っているメーカーです。