文房具メーカーに特有の職種

文房具を企画し、製造して世の中へ届ける文房具メーカーでは、たくさんの人がそれぞれ違う役割を持って働いています。

ここでは、文房具メーカーに特有の職種を大きく「技術系」「事務系」の2種類に分けて、それぞれ紹介していきます。

技術系の職種

研究

新しい製品を生み出すためには、技術や材料、組成などに関する研究が不可欠です。既存製品の改良、新しい付加価値を持った製品開発のための礎となる仕事を担当します。

設計

企画・デザインを基に、製品設計を行います。数多くの部品から成り立つ製品の場合、部品ごとに試作を繰り返して品質を向上させていきます。

製造

おもに工場で、製品をスケジュール通りに安定的かつ効率的に生産するための業務を担当します。

品質管理

製造工程における品質の確保をはじめ、お客さまの声を品質に反映させるなど、満足いただける良い製品を世の中に届けるために品質の維持・向上に努めます。

事務系の職種

企画

「こういう新製品をつくりたい」というテーマやコンセプト設定、商品企画を立案します。

お客さまのニーズ分析や市場調査を行ったうえでアイデアを出し、具体的に実現可能な企画としてまとめていきます。

営業(国内・海外)

国内営業では、文房具店や量販店をはじめとする国内各地のお客さま(販売店)に対して、自社製品の案内や販促、提案活動などを行います。

また、自社製品を扱う卸や販売会社に対しての商品提案も担当します。

海外営業では、海外市場の開拓や現地の市場調査、交渉、販促活動、展示会への参加などの業務に携わります。

販売促進

自社商品や自社そのものをお客さまに知っていただき、購入につなげるための活動を行います。

広告やパッケージデザイン、店頭での販売活動、カタログや展示会などの企画・制作などの業務を担当します。

調達

製品をつくるためには材料が必要となりますが、その材料を購入するためのさまざまな業務を担当します。

具体的には、購入先の選定や価格交渉、品質と納期の管理などに携わります。いかに原価を抑えながら質の高い材料を安定的に調達かが使命となります。

顧客サポート

お客さまからの製品に対する意見、問い合わせ、クレームなどの窓口となり、適切な対応をとると同時に、入手した情報を社内へフィードバックします。