文房具メーカーでのインターン

文房具メーカーでのインターンとは?

就職活動をする際によく出てくるのが「インターン(インターンシップ)」という言葉です。

インターンは、大学生などが在学中に企業で就業体験をすることで、実務を通じてビジネスの基礎を身につけたり、仕事内容をより深く理解したりする機会を得られる場となっています。

最近はこのインターンを実施する企業が増えており、学生も夏休みや冬休み、あるいは授業のない日などを利用して、積極的にインターンに参加しています。

文房具メーカーでも、すべての企業が実施しているわけではありませんが、もし時間などに余裕がある場合は参加してみるのもよいかもしれません。

インターンの内容について

文房具メーカーのインターンは各社で内容が異なりますが、「営業職体験」「企画業務体験」「エンジニア体験」といったように、一部の職種の仕事内容を切り取って実施するものが多いようです。

また、1日だけで実施するものもあれば、数日~数週間程度の短期インターン、さらに1ヵ月以上かけて行う長期インターンなど、期間もまちまちです。

アルバイトとは異なり、必ずしも報酬(給料)が発生するわけではありませんが、なかには有給で実施するインターンもありますし、交通費など手当が支給されることもあります。

インターンに参加するメリット

インターンに参加するメリットを挙げるとすれば、いち早く社会における仕事というものに触れる機会が得られると同時に、その会社のことがよくわかってくるという点に尽きるでしょう。

単なる企業情報だけであれば、パンフレットやホームページなどを通じてたくさん入手することができますが、実際に職場で業務体験をすると、それまで見えなかったものもたくさん見えてくるものです。

文房具メーカーは規模もさまざまですが、文房具とオフィス家具を総合的に手掛ける大手企業から、筆記具やファイル関連といった特定の品目に強みを持つ企業など、各社で特色が異なります。

実際にどこかで働いてみることで、この仕事が自分に合う・合わないということがよりわかりますし、理想とする働き方や職場環境について考えるきっかけにもなるでしょう。