ブライダル企業に特有の職種

ブライダル業界の職種はさまざま

ブライダル企業では、さまざまな職種に就く人が活躍しており、それぞれ仕事内容はだいぶ異なってきます。

この業界特有といえる職種もたくさんあるため、これからブライダル企業を目指す人は、まず職種の種類を知り、どのような仕事を目指していきたいのかを考えていくことが重要です。

ブライダル企業の代表的な職種

ウエディングプランナー

多くの人にとって、ブライダルの仕事といえば、真っ先に思い浮かぶものが「プランナー」でしょう。

「ブライダルプランナー」「ウエディングプランナー」「ブライダルプロデューサー」などと呼ばれることもあります。

お客さまとなる新郎新婦の結婚式に対する要望や意見を聞き、それを実現させるための企画を考えながら、プロの目線でさまざまな提案を行っていきます。

ウエディングプランナーの仕事

司会者

結婚式当日の司会進行を務める仕事です。

新郎新婦を主役としながらも、ゲストの方々がその場を楽しんでもらえるよう、「声」を使って空間を演出します。

ナレーターの仕事

アテンダー(介添人)

結婚式当日に新郎新婦に付き添い、さまざまなサポートを行う仕事です。

着替えの手伝いのほか、新郎新婦の多様なニーズに応えていく、式当日のマネージャー的な役割を担うため、臨機応変な動きが求められてきます。

エステティシャンメイクアップアーティスト

結婚式に向けて新婦をより美しくしたり、結婚式当日の新郎新婦のヘアメイクを担当します。

エステティシャンの仕事
メークアップアーティストの仕事

カメラマン

結婚式の様子を写真や動画におさめたり、新郎新婦や家族の集合写真を撮影したりする仕事です。

撮影技術はもちろんですが、新郎新婦の入場や誓いの言葉など、一度しかない重要なシーンを確実におさえるための集中力、そして場の空気を壊さないようにふるまうことも求められてきます。

カメラマンの仕事