美容師が独立・開業してお店を持つには?

美容師の独立・開業に必要なもの

美容師になれば、誰もが一度は独立・開業のことを考えます。

しかし、美容師として独立・開業することは決して簡単にできることではなく、さまざまな準備も求められます。

資金の確保

お店を出す上で、最重要課題かつ難題になりやすいのが資金です。

都内で出店するとなれば、一般的な小さい美容室でも、開業資金として用意しなければいけない金額としては数百万円から1000万円以上と言われます。

もちろん借り入れ等によって、自己資金では足りない分を補填することができますが、不景気もありなかなか金融機関で申請通り融資が受けられないこともあるようです。

融資の有無に関係なく、数百万円の自己資金は最低限必要になるため、コツコツ貯金をしたり、助成金を受けたり、仲間と共同出資という形で美容室を出したりすることも多いようです。

人材の確保

自分一人で経営する場合はよいのですが、店舗展開を考え従業員を雇うという美容室も多くあります。

スタッフ1人分の売上と、3人分の売上げでは利益率が断然違うからです。

しかし、単に3倍になるという計算ではないため、そのお店と今後の計画に合った緻密な計算と計画が必要になります。

また、いくら人を雇いたいと思っても、日頃から人間関係を良好に保ち、自分自身が美容師として魅力的な人間でなければ人材は集まってきません。

普段からの仕事への取り組みが、人材確保には大きく反映されることになるでしょう。

美容室は、提供する施術メニュー自体はさほど違いはありません。

しかし魅力がある美容師、プラスアルファのサービスを提供できる美容師たちのところに、人は集まってくるものです。

だからこそ、高いモチベーションを保ち、優秀で志の高い人材を味方に付けることは、今後の美容師人生で大きな糧となるはずです。

店舗経営に関する知識

お店を出すこと自体は、美容師にとってさほど難しいことではありません。

しかし、一番大変なことは、店を長く続けて経営させていくことです。

個人経営・自分一人で仕事をする場合、独立の際には自分の顧客を持っていればなんとかなるということもありますが、従業員を雇い入れ、新規顧客をお店に誘導しなければ、売上はなかなか伸びません。

それどころか経営は年々圧迫されていくでしょう。

つまり、他店にはない魅力を作ることができ、さらにはその魅力を世間に知らせる宣伝能力が必要になってきます。

美容室の数は年々増えているため、ただお店を構えればあとはお客さまが勝手にお店に来店してくるというような時代ではありません。

地域に合わせた値段設定や広告の打ち方、スタッフの確保、宣伝・集客など、さまざまなことを考えていかなくてはなりませんし、時代によってニーズも変わるため、その時々によって戦略を変えていくことも必要です。

売上げを出せる経営知識を持ち、しっかりと戦略・計算ができる人でなければ、独立して経営を続けていくことは大変難しいでしょう。

独立・開業に向けて今からでも準備できること

美容師として独立・開業を目指す場合、美容学校に通っているときから、各方面にアンテナを向け自分の目標を見据えて動いていくことが大切です。

独立までは長い道のりになるかもしれませんが、日々の積み重ねが独立時の結果を左右します。

「儲かるようにするにはどうしたらよいか」「どうしたら顧客を惹きつけられる美容院がつくれるか」など今の段階から十分にイメージを膨らませ、具体的に計画をたてておくとよいでしょう。