ビオトープ管理士試験の資格

資格の歴史と誕生の背景

ビオトープ管理士」の資格は、「公益財団法人 日本生態系協会」が実施する民間資格で、ビオトープ事業を推進することを目的として1997年に誕生しました。

この資格を取得することで、地域で受け継がれた自然や歴史、文化など貴重な財産と、国際的な動向を踏まえたまちづくり・国づくりを実践できる技術者としての能力があることを示すことができ、すでに累計1万人以上の有資格者がいます。

「生物多様性」や「持続可能」といった言葉の重要性が強く訴えかけられるようになった現代社会において、さまざまな産業でビオトープ管理士の専門性が求められ始めています。

資格の種類と概要

ビオトープ管理士の資格は、「計画管理士」と「施工管理士」2つの区分に分けられ、それぞれ「1級」と「2級」が存在します。

2種類の資格の違いは、以下の通りです。

計画管理士

まちづくりや地域づくりの視点から、自然生態系の保全・再生を行う。

施工管理士

設計・施工の現場により近い視点から、自然生態系の保全・再生を行う。

受験資格と試験内容

ビオトープ管理士の資格試験は、以下の通りです。

1級の受験資格(以下のいずれかを満たす必要があります)

・四年制大学を卒業後、7年以上の実務経験
・大学院を卒業後、5年以上の実務経験
・短大・専門学校・高専のいずれかを卒業後、9年以上の実務経験
・高校卒業後、11年以上の実務経験
・技術士(建築・農業・森林・水産・環境)、1級土木施工管理技士、1級造園施工管理技士のいずれかの資格を取得後、4年以上の実務経験
・2級ビオトープ計画管理士、2級ビオトープ施工管理士、2級土木施工管理技士、2級造園施工管理技士のいずれかの資格を取得後、7年以上の実務経験

2級の受験資格

なし

試験内容は、1級では筆記試験と口述試験、2級では筆記試験のみが行われます。

筆記試験では「共通科目」として生態学、ビオトープ論、環境関連法が、「専門科目」として計画管理士試験では計画部門について、施工管理士では施工部門それぞれについての専門的な問題が出されます。

また、1級では記述問題と小論文が、2級では小論文もあります。

1級の口述試験は試験官との疑似応答が実施されます。