アパレル店員を目指す人におすすめの資格はある?

アパレル店員におすすめの資格は?

アパレル店員になるために必要とされる資格はありません。

この職業は、学歴や経験を問われないことも多いため、まったくスキルを持っていないところから、アパレル店員としてのキャリアをスタートすることも十分可能です。

特別な勉強をしていなくてもアパレル店員になることはできますし、実際に、ショップで働き始めてから商品知識を身につけたり、接客やマナーについて学んだりしてステップアップしていく人が大半です。

入社後の研修によって業務に必要な知識やスキルを学ぶのが一般的ですが、仕事を進める上で関連資格もいくつか存在します。

アパレル店員の資格の種類は?

アパレル店員に関係する資格は、主に販売に関する資格と色彩などセンスに関する資格があります。

このような資格は、アパレル店員になるために必ずしも取得しなくてはならないわけではありませんが、持っておくと就職・転職時にプラスに評価されたり、場合によっては給料とは別で資格手当がついたりすることもあるようです。

また、店長やエリアマネージャーなど、キャリアアップの過程で会社から受験を求められることもあります。

将来、確実にマネジメントの仕事にまで携わりたいという人は、早いうちに勉強して資格をとっておくのもよいかもしれません。

ファッション販売能力検定試験

一般財団法人 日本ファッション協会振興協会が行う検定試験で、ファッション・アパレル業界の現場である店舗においての接客技術・販売力・ショップ運営などの必要な知識や能力の向上を目的としています。

1級から3級の3つのレベルに分かれており、2級・2級は販売員(アパレル店員)向け、1級は店長やマネージャーなどの管理運営者向けとなっています。

試験の内容は、販売知識や販売技術、マーケティング知識等が出題され、独学でも十分合格できるレベルとなっています。

ファッション系の専門学校ではこの検定試験の受験を目標に勉強することも多いようです。

ファッション販売能力検定

販売士

「小売・流通業界で唯一の公的資格」として、ファッション業界のみならず、小売業に関わる人全般に向けて作られた資格試験です。

一般社団法人 日本販売士協会では、販売士を目指す人向けの養成通信講座や講習会も開催しているため、協会に入会し資格を取得することでより仕事の幅が広がることも考えられます。

販売士

色彩検定

公益社団法人 色彩検定協会が行う検定試験で、1990年の第1回開催から累計140万人以上の方が受検した文部科学省後援の公的資格です。

レベルに合わせて1、2、3級、UC級 があり、どの級からでも自由に受験できることが特徴です。

アパレル店員だけでなく、デザインやインテリア関連の仕事に従事する人も多く受験する資格で、色彩検定を取得するアパレル店員は、色に関する知識を体系的に学ぶことで、洋服のコーディネートなどをする際に役立てているようです。

色彩検定