アパレル店員に学歴は必要? 高卒でも活躍できる?

アパレル店員の学歴

アパレル店員に学歴は必要?

アパレル店員は、採用の際に学歴を問われることはあまりありません。

店員の募集では「高卒以上」や「専門学校卒以上」を条件とする企業が多いようですが、「学歴不問」とする企業も決して少なくはありません。

ただし、学歴によって採用時の雇用形態や、その後のキャリアに差が付くことはあります。たとえば「学歴不問」である場合、アルバイトとしての採用しか行わないという企業もあります。

それでも構わないということであれば中卒や高卒でもアパレル店員として働くことは可能ですが、将来的に社員登用や本社勤務を目指す場合、専門学校以上の学歴を必須とする企業もあるようです。

一部の大手企業では、毎年大卒者の正社員採用を実施するところもありますが、この場合は「幹部候補」として考えられ、入社後数年間は店舗で店員として働き、その後、本社へ異動といったルートが用意されていることが多く、こうしたルートが確立されている企業の場合は、中卒や高卒の人が本社に入り込むというのは厳しいようです。

しかし、店長として自店舗で売上を上げたり、お客さまからの人気が高かったり、優秀な部下を多数育成するなどの実力を示すことができれば、それ以上の立場に抜擢されることもあります。

アパレル店員と学歴の考え方

一部では学歴が問われるケースもありますが、基本的には人とコミュニケーションがとれ、仕事に対する目標や意欲を持って働ける人であれば、どのような学歴であろうとアパレル店員になるのはさほど難しくありません。

一方、学歴があまり問われないことから、学歴が高い人がアパレル店員になるのをためらってしまうこともあるようです。

現場に出れば、学歴は関係ありません。

学歴が高いからといって優遇されたり、尊敬のまなざしで見られたりするようなことはなく、店員として、どれだけお客さまと上手に接することができ、数字を上げられるかが勝負です。

アパレル店員として働く場合は、学歴にとらわれずに仕事に誇りを持って全力で打ち込んでいくことが大切です。

高卒からアパレル店員になるには

高卒でアパレル店員になる人も多い

アパレル店員は、さほど学歴が求められる職業ではなく、店舗では高卒の店員も多数働いています。

販売やアパレルに関する特別な勉強をしていなくても、この仕事に就くことは十分に可能です。

高校を出て若いうちに就職し、現場でバリバリと経験を身につけていくことで、20代のうちに販売のプロフェッショナルとなっているアパレル店員もいます。

学歴が高いからといって特別有利になったり仕事内容に差が付けられたりするようなこともないため、実力さえあれば高卒でも評価される仕事です。

ただし、アパレルメーカーにおいて、企画や営業、プレス、マーチャンダイザーといった本社勤務の職種を志望する場合には、高卒の学歴では応募資格に満たないことが多いようです。

アルバイトから経験を積む道も

アパレル店員は正社員や契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど多様な雇用形態で働く人がいますが、高卒でも正社員になることは可能です。

ただし、人気のショップやブランドは倍率が高くなりがちで、未経験者は採用されにくいこともあります。

その場合、まずはアルバイトとして働き始め、接客や販売のスキルを高めていき、そのスキルをアピールポイントにして正社員としての転職を目指す方法も考えられます。

アパレル店員の求人は数が多く、応募資格や条件も企業によってまちまちであるため、自分の希望をよく考えながら志望先を定めていくとよいでしょう。