あん摩マッサージ指圧師の勤務時間・休日

あん摩マッサージ指圧師の勤務時間

職場の開業時間に合わせた勤務時間

あん摩マッサージ指圧師の勤務時間は、職場によってさまざまです。

病院や診療所に勤務する場合は、病院の診察時間内なので、9:00から18:00くらいの間が一般的で、デイサービスや介護施設なども、同じような時間が多いでしょう。

各種マッサージ店や治療院の場合は、もう少し遅くまで開いていることもあり、とくに温泉施設内や、繁華街にあるお店だと、かなり夜遅くまで営業している場合もあります。

そのようなお店では、シフト制で交代勤務となるのが一般的です。

待機時間があることも

訪問や出張マッサージと呼ばれる形態でつとめる場合は、お客さんからの依頼が来るまでの待機時間が発生します。

ほとんどは会社や事務所で待機することになりますが、中には自宅で待機するところもあるようです。

一般的には待機時間も含めて基本給が設定されています。

また、一日の訪問予定があらかじめ決まっているところもあり、待機時間のない会社もあります。

あん摩マッサージ指圧師の休日

診療所勤務の場合は、土日の週休二日制が多く、祝日なども休みになるので、安定したシフトになります。

治療院や他のマッサージ店では、それぞれのお店の運営によりますが、休日に人が集まるような場所にあるお店では、日曜・祝日は営業していることが多くなっています。

休日は、診療所勤務の場合は土日の週休2日制が基本となりますが、治療院や他のマッサージ店では、土日祝日も開業しているところも多く、シフトで休みを取ることも多いようです。

しかし、あん摩マッサージ指圧師は非常に体力を使う仕事であることから、週休二日は確保しているところがほとんどで、一週間の中で、お店の休業日+他に1日を休みに設定しているところが多いようです。

就職した場合はある程度規則的な生活スタイルになりますが、独立開業した場合には、より忙しくなるかもしれないことを覚悟しておきましょう。

あん摩マッサージ指圧師の残業

あん摩マッサージ指圧師は、基本的に長時間の残業はありません。

ただし、多くの治療院では、「午前」と「午後」の診療時間を分けており、間に昼休みを挟みます。

昼休みは2時間から3時間程度取られていることが多く、休憩時間には外で食事をとり身体を休めることができますが、休憩時間も含めると、鍼灸師は1日の大半を治療院で過ごすことになり、どうしても拘束時間は長くなりがちです。

また、患者さんがいない場合や訪問治療などスタイルで働く場合は治療院内や事務所内などで待機をしなくてはならず、たとえ仕事をしていなくても職場で過ごす時間が長くなりがちです。

あん摩マッサージ指圧師は忙しい? 激務?

あん摩マッサージ指圧師は勤務先にもよりますが、基本的には激務といわれるような厳しい仕事ではありません。

一般的な治療院や病院では予約をとって患者を診るため、1日のスケジュールが立てやすく休憩時間もとれないほど忙しいということはほとんどないでしょう。

ただし、休憩も含めると拘束時間が長くなりがちで、どうしても職場で過ごす時間が長くなってしまうことは覚悟しておきましょう。

あん摩マッサージ指圧師の休日の過ごし方

あん摩マッサージ指圧師の休みは週に1日から2日と定期的に休みを取れることや、ほかの仕事と比べると残業や激務になることは少ないため、仕事とプライベートを切り替えて自由に過ごすことができるようです。

疲労回復目的と自身の勉強もかねて、休日にはさまざまなマッサージを利用する人もいるようです。

あん摩マッサージ指圧師の1日・生活スタイル