AIエンジニアの勤務先、働き方

おもな勤務先

AIエンジニアはさまざまな働き方をすることができますが、企業に勤めて働く場合のおもな勤務先は、IT技術を駆使してサービスや商品開発などを行うIT企業となります。

まだまだ人手不足とされるAIエンジニアですが、スタートアップのITベンチャー系企業のほか、とくに大手企業でもAIエンジニアの需要が高まっており、最近では自社で育成する傾向も強まっているようです。

採用活動では通常のITエンジニアとは別で、「AIエンジニア枠」を設ける企業も出てきています。

AIに関する高度な知識や技術力を持つ人材は、さまざまなIT系企業で高く評価されているといえるでしょう。

近年は、ますます「AI」や「IoT」といった先端のIT技術が注目されるようになっており、AIを活用したツール導入や製品開発のニーズも高まっています。

それに合わせて、AIを専門的に扱えるエンジニアの需要は、これからさらに伸びていくことが予想されます。

働き方の種類

AIエンジニアは、上記で挙げたような大手からベンチャーのIT企業に正社員として勤めるほか、契約社員、派遣社員、フリーランスといった多様な働き方で活躍することができます。

一般的には、さまざまな雇用形態のうち正社員が最も待遇がよいと考えられていますが、IT業界では個人の技術力や経験が重視されやすく、スキルを持つ人材は正社員以外でも、かなりの高時給・高単価で働ける場合があります。

とくにAIエンジニアは需要があり、人によっては業務委託契約を結んで働くフリーランスでも、月に100万円以上を稼いでいるような例もあるといわれます。

そのほか、派遣社員という形で活躍できる場も多数あり、スキルを磨いていくことで多様な働き方の選択肢があるといえるでしょう。

一方、経験が浅い場合は、まず企業に勤めて、エンジニアとしての実績を積んでいくことがその第一歩といえるでしょう。