AIエンジニアの勤務時間・休日

AIエンジニアの勤務時間

AIエンジニアの一般的な勤務時間

AIエンジニアの勤務時間は、実働は8時間程度で、一般的に9:00~18:00くらいを定時としている会社が多いですが、朝は若干遅めの10時頃を始業としている会社も最近は増えてきているようです。

また、sler系やSES(システムエンジニアリングサービス)系の会社では、クライアント先のオフィスやプロジェクトに「常駐」して働く形態としていることもあります。

常駐の場合、出社時間や退社時間は、常駐先となるクライアントの会社側の就業規則に合わせる形となります。

勤務時間は柔軟に対応しやすい

AIエンジニアの勤務時間は、店舗型の商売のように来店するお客さまに合わせる必要はないため、必ずしも毎日同じ時間に始業していなければならないわけではありません。

そのため、「フレックス制度」や「裁量労働制」を採用している職場も多く、すこし時間をズラして、朝11時、12時頃にゆったりと出勤ができることもあります。

また、「リモートワーク」を採用し、AI開発業務の大半を、自宅などの外部から行えるようにしている会社も最近は増えてきているようです。

AIエンジニアの休日

AIエンジニアの場合、完全週休2日制としている職場が多く、土日祝は基本的に休みとなることが多いです。

また、ゴールデンウイーク・夏季(お盆)・年末年始などには、世間一般と同じように5日~7日程度の連休をとるのが一般的です。

年間休日数としては、120日~125日程度としている会社が多いです。

大手系のAI開発会社であれば、「結婚休暇」、「忌引休暇」、「産前・産後休暇」、「育児・介護看護休暇」など、その他にもライフイベントに合わせたさまざまな休暇制度が用意されていることが多いです。

AIエンジニアの残業時間

AIエンジニアの残業時間は、会社によってさまざまであり、毎日残業ゼロの会社もあれば、夜遅くまで長時間残業が続いている会社もあるようです。

傾向としては、大学や大手メーカーなどの「研究職」、もしくは「自社開発」の案件を担当しているAIエンジニアであれば、納期などの制約は緩めであるため、残業は少ないことが多いようです。

対して、sler系やSES系の会社などで「受託開発」を行っている場合は、納期などがシビアとなり、残業が多くなることもあるようです。

とはいえ開発内容などによっても変わってきますので、こういう会社だから残業が多い少ないと、一概にはいえない部分もあります。

また、AIエンジニアは働き手の絶対数が不足している職種であり、十分なエンジニア数を確保できていない会社も多いです。

人手不足を抱えている会社ですと、一人のエンジニアが何から何までやらなければいけないこともあり、必然的に残業時間は増えやすいでしょう。

AIエンジニアに夜勤はある?

AIエンジニアは基本的には「日勤」が主な職業です。

ただし、AIの運用・保守チームに配属した場合は、保守メンテナンス作業などのため、夜勤が発生することもあります。

また、大きなトラブルが発生した際などには、復旧のため夜間に対応しなければならないこともあります。

その他、「裁量労働制」などを採用している職場であれば、本人の希望に応じて意図的に夜勤で働くことができる場合もあります。

AIエンジニアは忙しい?激務?

プロジェクトの状況による

AI開発は、「プロジェクト」を組み、スケジュールや納期、予算などを定めて開発を進めていくのが基本です。

プロジェクト内の一部が遅れていると、全体の遅れに繋がることもありますので、スケジュール通り開発が進んでいないチームは、夜遅くまで残業をしたり、時には休日出勤をしなければないこともあるようです。

また、システムトラブルやバグなどが発生した際にも、早急に対応しなければならないため、一時的に激務となることがあります。

AIというものは最初にどれだけ入念な設計をしたとしても、なかなかすんなりと完成させるのは難しく、トライ&エラーはつきもので、予期せぬバグなども発生することもあります。

AIはそのような不確定要素の多いものであるため、途中で予想外の激務が続くことも想定しておく必要があるでしょう。

時期によっては暇になることもある

逆にプロジェクトが山場を越え、開発の目途が立ってくると、各々のタスクも減り、ゆったりとした日々に突入することもあります。

プロジェクトが落ち着いた閑散期には、出社してもほとんどやることがなくなることもあり、有給休暇を一気に消化したり、時短勤務に切り替える人もいるようです。

AIエンジニアの休日の過ごし方

AIエンジニアは、普段デスクワークの多い職業であるため、休日はアウトドアやスポーツなどのアクティブな趣味で、身体を動かす人も多いようです。

一方で、根っからのエンジニアタイプで、休みの日にも自作プログラムなどを作り楽しんでいるという人もいるようです。

その他、家族や恋人との時間を楽しむ、一日中寝ているなど、休日の過ごし方はさまざまです。

加えてAIエンジニアという職業は、常に新しい技術を学んでいかないと、エンジニアとしてどんどんと遅れをとってしまう職業です。

そのため休日の空いた時間に、自主的に最新の技術論文を読み漁ったり、技術イベントに参加するなどして、スキルアップを図るエンジニアも少なくはないようです。

AIエンジニアの1日のスケジュール・生活スタイル

AIエンジニアを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やAIエンジニアを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost