AIエンジニアの勤務時間・休日

勤務時間

AIエンジニアは会社員として働く場合でも、自社のサービス・製品開発に携わるケースと、クライアントとなる企業に常駐し、クライアント先のプロジェクトに関わるケースがあります。

そのため、勤務時間は9:00~18:00くらいが一般的ですが、勤務先によって若干違いがありますし、常駐する場合には常駐先によっても変わってきます。

実働は8時間程度で、基本的には日勤となるでしょう。

企業によっては、より柔軟な勤務体系で働けるようフレックスタイム制を設けているところもあります。

また、最先端のITを扱うといった仕事柄、リモートワークにも対応し、自宅をはじめオフィス以外の場所で働けるようなしくみを整えている会社もあります。

フリーランスで働くAIエンジニアの場合は、抱えている案件の状況を把握しながら、つねに自分でスケジュールを立てて動いていくことになります。

休日

会社員として働くAIエンジニアの休日は、だいたい土・日曜日が休みの完全週休2日制となります。

その他には祝日も休みとなるほか、夏季休暇、年末年始休暇などは3日~5日程度の連休となる会社が多いです。

プロジェクトが立て込んでいる時期は有給休暇を使うことは難しい場合がありますが、プロジェクトがひと段落した時期にはまとめて休む人もいるようです。

残業時間はどれくらい?

IT業界のエンジニアは残業が多くハードワークといわれることが多いようですが、実際には会社によってだいぶ異なっているようです。

プロジェクトが佳境に差し掛かっているときやトラブル発生時などは遅くまで残ったり、休日出勤をして対応しなくてはならないこともありますが、普段からほとんど残業なく、メリハリをつけて働きやすい職場も多々あります。

業界全体として、エンジニアの働き方改善に取り組む傾向が強まっていることもあり、すべてのエンジニアが長時間残業をしているというわけではありません。