税理士の魅力

たくさんの出会いがある

税理士のクライアントの多くは、個人や中小企業です。

農家のおばあちゃんから地元の有名企業の社長さんまで、仕事を通してさまざまな業界で働いている人と接点を持つことができます。

一般企業のサラリーマンであれば取引先の業種はある程度限られているため、異業種交流ができる機会はそれほど多くありません。

しかし、税理士の場合は毎回知らなかった世界を覗くことができるため、新しい発見や感動の連続です。

「たくさんの人と出会いたい」「いろいろな業界を見てみたい」という好奇心旺盛な人にとっては、税理士はうってつけの仕事といえるでしょう。

若くても活躍できる

税理士のような専門職は、知識やスキルさえあれば若い人でもどんどん活躍できます。

クライアントによっては、担当税理士のことを「先生」と呼んで頼りにしていることもありますし、社長の良き相談相手として大事にされるケースも多いようです。

若いうちから人に信頼され、大きな責任のある仕事を任せてもらえるというのは、とても魅力的なことです。

働き方の自由や、よい収入が得られる

税理士は、簡単になれる職業というわけではありません。

国家資格に合格するために、予備校やスクールに通って何年も努力を続けている人も少なくありませんし、いざ税理士になってからも地道に経験を積んでようやく一人前といえます。

しかし、税理士になって頑張っていれば、ゆくゆくは開業を目指すこともできます。

そこで成功すればだいぶ大きな収入を得ることができますし、自分のイメージする働き方を実現することも可能になります。

開業ではなく勤務税理士として働く場合も、一般の会社員よりも給与水準は高めとなっています。

こうした点も、税理士になる魅力といえるでしょう。

どこに行っても仕事がある

税理士の大きな魅力として、どのような場所でも仕事を見つけやすいということがあげられます。

税理士は、個人の相続税を計算したり自営業の人の確定申告を代行したりするのが仕事になるため、極端にいえば大都会に行っても田舎に行っても、納税者がいる限り税理士の需要があります。

これは、将来は故郷に戻って仕事をしたいと思っている人にとって、何よりもありがたいことです。

あるいはいつか結婚して他の土地に移り住むかもしれない人にとっても、末永く専門職を続けていけることにつながります。

ただし、地域には古くから税理士事務所を開いている人も多いため、新規開拓をしてお客さまを見つけていく必要はあります。