税理士/フィナンシャルプランナー(CFP)岸田加奈恵さん

岸田公認会計士税理士事務所副所長。税理士、フィナンシャルプランナー(CFP)、宅地建物取引主任者の資格を所持。愛媛県出身。横浜国立大学教育学部卒。大学卒業後、学習塾に勤務を経て、会計事務所にて働く。会計事務所を退社後に平成20年税理士試験に合格。コンサルティング会社を経て、岸田加奈恵税理士事務所開設。

HP:岸田公認会計士税理士事務所HP

岸田さんが税理士を目指したきっかけは何ですか?

学生時代は教育学部でしたし、税理士になるなんて考えてもいませんでした。

最初の勤務先は学習塾で、約2年半働きました。学習塾で働いているうちに、「いつまで現役で働けるのだろう・・?」と次第に思うようになってきたんです。

何か手に職をつけたいと思い、年をとっても就職先に困らない仕事、と探してみたときに「経理」の求人が多いことに気が付きました。経理の仕事なら年をとっても働けるのではと思いました。

簿記を勉強したのは弟の影響です。弟は会計士で私より先に開業していますが、その弟が会計士を勉強する前に簿記の勉強をしていたんです。弟の部屋で簿記のテキストを見つけ、「要らなくなったんならちょうだい」ともらって帰ったのがきっかけです。

勉強を始めたときは、先のことについてあまり考えていませんでしたが、簿記2級を取っていたおかげで会計事務所に就職することができました。でも実際に会計事務所で働いてみると、簿記2級の知識だけだと厳しくて。

「自分の言葉で説明したい。」という気持ちが強くなり、法人税と消費税だけでも理解したいという思いから、TACに通うことにしたんです。

元々は1年だけ勉強する予定だったのですが断片的な知識が段々つながっていくのが楽しくなってきて、1年で辞めるのももったいないなと思い、税理士の資格取得を目指すことにしました。

税理士試験の勉強は大変でしたか?

普通は、税法の基礎的な部分の法律である簿記・財務諸表論を学んでから法人税、消費税を学びます。私の場合は法人税、消費税を先に勉強しました。先ほどもお話ししたように税理士資格を取ることが勉強の目的ではなかったからなんですが、回り道をしたため理解するのに時間がかかってしまいました。

資格を取るつもりなら、法人税、消費税よりも簿財を先に勉強することをお勧めします。

ちなみに合格後も勉強は必要です。税法の改正は頻繁にあり、経営者や資産家の方は改正に非常に敏感です。改正は常にチェックが必要ですし、年間36時間の研修も義務化されています。一度勉強して終わりという世界ではありません。

今はどんな仕事が多いですか?

相続税関連が多いですね。まだ相続税を扱っている事務所が少ないのと、今後の増税がすでに決まっています。対策をする人も多くいますので、相続税の仕事を中心に扱っています。

また、前職が資産税のコンサルティングで日本有数の税理士法人だったこともあり、私自身そうした経験が活かせるということもあります。