税理士の1日

税理士の一般的なスケジュール

税理士の顧客は中小企業が多く、税理士は顧客の就業時間に合わせて仕事をしています。

一般的には、8時半から18時くらいの時間帯で働くことが多いようです。

8:30 出勤

デスクに着いたらパソコンを立ち上げてメールチェックをします。

9:00 ミーティング

社内での連絡会議に参加し、共有事項を伝え合います。

9:30 クライアントの税務書類を作成

さまざまな資料を参照しながら、間違いのないように作業を進めます。

12:00 昼食休憩

外へ食べに行ったり、持参した弁当を食べたりします。

13:00 顧客を訪問

クライアントを訪問し、確定申告に関する打ち合わせを行います。

16:00 帰社

クライアントの情報を整理します。

18:00 退社

繁忙期でなければ、できるだけ定時に帰るように心がけます。

職場と取引先を往復することが多い

税理士は出勤すると、まずパソコンを立ち上げることからスタートします。

クライアントからの依頼や質問のメールが届くことも多いため、こまめなメールのチェックが欠かせません。

スタッフがみんな出勤すると、社内での連絡会議が始まります。

税理士事務所ではパートやアルバイトを含めたくさんのスタッフが働いています。

誰がどのような案件を担当しているか、どのような進捗状況かを報告をし合うことで作業を円滑に進めることができます。

昼食休憩をはさみ、午後からはクライアントのところへ出かけます。

個人顧客宅を訪問することもあれば、自営業の商店や企業のオフィスビルに足を運ぶこともあります。

「相続税について計算してほしい」「確定申告を代理で行ってほしい」「企業の節税対策の相談に乗ってほしい」など、依頼内容はさまざまです。

税理士は、お金の流れを把握するための綿密な調査を行い膨大な書類を作ったうえで、こうした依頼の一つひとつに応えていきます。

クライアントとの打ち合わせが終わったら、会社に戻ります。

クライアントから新たに資料をもらった場合、それを整理したり、書類を作ったりして、さらなる情報収集を行います。

普段は18時頃には業務が終わりますが、確定申告や企業の決算などが集中する時期には、残業をして税務書類を作成することも珍しくありません。