税関職員になるには

「総合職」の税関職員になるには

税関職員は税関に所属する国家公務員であり、「総合職」と「一般職」の二種類の採用があります。以前は「Ⅰ種、Ⅱ種、Ⅲ種」などと区別されていましたが、平成24年度からは「総合職」と「一般職」に統一されるようになりました。

「総合職」とは、いわゆる「キャリア」と呼ばれている、将来的に幹部職員になることが期待されている人たちです。

税関職員の総合職の採用人数は大変少なく、平成23年度は5人、平成24年度は8人、平成25年度は3人、といずれも一桁です。まさに激戦をくぐり抜けた優秀な人材だけが就くことができる職業と言えます。

総合職の税関職員は全国でも183人しかおらず(平成25年3月時点)、財務省や他の省庁、税関、国外勤務などさまざまな場所で働いています。

人数が少ないぶん一人一人に与えられる責任やチャンスも大きく、キャリアアップの道が大きく開けています。

個人の能力や適性によって、関税局の課長補佐、税関の課長クラスに任用され、実力次第でいずれは税関の各部長や税関長などのポストに就くこともできます。

「総合職」になるためには、人事院が行う国家公務員の【総合職】の試験に合格し、その後官庁訪問を経て採用通知を受け取ることが必要です。

「一般職」の税関職員になるには

もうひとつの「一般職」は、現場のエキスパートとして活躍することが期待されている人たちです。全国には、函館税関・東京税関・横浜税関・名古屋税関・大阪税関・神戸税関・門司税関・長崎税関・沖縄地区税関の9つの税関があります。

一般職の職員はこうした各地の税関にそれぞれに採用され、その土地を拠点に仕事をすることになります。

一般職の税関職員になるには、まず、人事院が実施する国家公務員採用試験【一般職(大卒程度)(高卒者)】に合格することが必要です。その上で、最終合格者を対象とした各税関での採用面接を受験し、合格したら、採用となります。