税関職員のつらいこと、大変なこと、苦労

つきまとう強い緊張感と責任感

税関職員は、毎日の業務を通して神経を使うことの連続です。

湾内で不審な船を見かければ密輸をしているのではないかと疑い、白い粉を大量に所持している旅行者を見れば覚せい剤の持ち込みではないかと疑い、海外からの高級品等の持ち込みを申告しない旅行者に対しても厳しく向き合わなければいけません。

実際には、疑いをかけたけれども何も悪いことをしていなかったというケースも多々あるでしょう。ときには、疑いをかけられた人から辛辣な言葉を浴びせられることもあるかもしれません。

それでも、ほんの一握りの犯罪者を確実に見つけ出すために、忍耐強く疑念を持ち、丁寧に調べ続けることが税関職員の使命なのです。

「日本の安全を守るためにやっているんだ」という強い想いを軸に、強い緊張感や責任感を持ち続けることができなければ務まらない仕事でしょう。

税関職員ならではの不規則な勤務も

日本の安全を守る役割も果たしている税関は、言うまでもなく年中無休の仕事です。

担当する業務内容にもよりますが、空港や港での取り締まりを担当する職員は「土日は確実に休める」「お盆や正月には長期休暇がとれる」ということはまずありません。

ときには当直勤務もありますし、休日出勤にもなります。規則正しく休みがとれるような勤務体制ではないことは覚悟したほうが良いでしょう。

税関職員になったら、まずはこういった不規則な勤務に体を慣らすことが大切です。そしてどうしても不規則になりがちな睡眠や食事の内容に十分に気を使い、自分なりの健康管理の方法を確立させることも必要となるでしょう。