財務専門官への転職

財務専門官採用試験を受験

財務専門官に転職したいと思った場合、まずは「財務専門官採用試験」に合格し、採用される必要があります。

この試験には、年齢制限や学歴などによる受験資格があります。

「試験年度の4月1日における年齢が21歳以上30歳未満」である場合

学歴関係なく受験することが可能

「試験年度の4月1日における年齢が21歳未満」の場合

大学を卒業もしくは卒業見込み、短大、高等専門学校を卒業もしくは卒業見込み等の条件あり

財務専門官になるには

実際、財務専門官採用試験は社会人の受験者もおり、採用されている実例もあるようです。

ただし、専門職試験であることから難易度は高めで、ここ数年の倍率は10倍程度を推移していますが、年によってはそれ以上になることもあります。

しっかりと試験対策をして臨まなければ、合格は難しいといえるでしょう。

試験合格のために

財務専門官は国家公務員であるため、給料や福利厚生などの面は安定しているといえるでしょう。

ただし、働きながら難易度の高い試験合格を目指すには、強い意志と計画的な勉強を続けていくことが必要です。

合格に向けて、もちろん市販の参考書や問題集を利用して独学で試験勉強をすることもできますが、公務員試験対策講座を置く社会人向けの予備校やスクールを利用するのも一つの方法です。

予備校では、最新の試験情報やよく出る問題などをわかりやすく教えてもらえるため、短期間で効率的に勉強したいと思った場合には、こうした講座を利用することも視野に入れてみるとよいかもしれません。