財務専門官の資格・学歴

財務専門官の学歴

財務専門官になるためには「財務専門官採用試験」の受験が必須となりますが、この試験は「試験年度の4月1日における年齢が21歳以上30歳未満」である場合、学歴で応募が制限されることはありません。

大卒であっても、高卒であっても、受験は可能です(ただし、試験年度の4月1日における年齢が21歳未満の場合は、大学を卒業もしくは卒業見込み、短大、高等専門学校を卒業もしくは卒業見込み等の条件があります)。

多くの受験生は、大学や大学院卒業もしくは卒業見込みであるようですが、中には会計の専門学校を出ている人などもいるようです。

学歴が高いから、一流大学を出ているから、絶対に財務専門官になれるというわけではありません。ただし、財務専門官採用試験は出題範囲が幅広く、それなりに倍率が高いため、合格のためには確実な対策が必要です。

学歴よりも、いかにしっかりと試験勉強をするかが大切といえるでしょう。

特別な資格・知識は必要?

財務専門官になると、日常業務を遂行するうえで、財政や金融に関する専門的な知識が必要となります。

しかし、それらの専門的な知識は採用後の研修や業務を通じて身に付けることができるため、採用試験を受ける段階で求められることはありません。

財務局では、理系の学部出身の学生も多数採用されているほか、法学部や経済学部、さらに文学部、外国語学部など、職員の出身学部は多岐に渡るようです。もちろん、男女で差別されることもありません。

あくまでも財務専門官にふさわしい人物であること、さらに国家公務員や財務専門官に必要な能力を有しているかどうか、といった観点での採用が行われています。

熱意さえあれば、学部や専攻を問わず応募することができますし、財務専門官としての活躍も望めます。