ユーチューバーのやりがい、魅力

たくさんの人に自分の動画を見てもらえる

ユーチューブは世界で10億人以上のユーザーに利用されており、1日あたりの動画の視聴回数はなんと数十億回にものぼっています。

そして、日本国内でも最も利用者数が多い動画共有サービスとなっており、毎日10万件以上の動画投稿があるといわれています。

ユーチューバーはそんなユーチューブを利用することで、自分の考えたアイデアや表現を世界中の人に手軽に発信し、広めていくことができます。

このこと自体が、ものすごくエキサイティングだといえるでしょう。

また、「コメント」などを通じて視聴者の反応を得ることもできるため、よりやりがいを感じやすくなっています。

好きなことでお金を稼げる

ユーチューバーにとって、動画投稿は自身の「趣味・好きなこと」とつながっている部分が大きいようです。

もともと趣味の一環として行っている人も多いですが、「こんなネタを発信したい」という自身の思いがまずあり、それを動画にして表現していくため、自然と好きなことをやっている気持ちを味わいやすい仕事だといえます。

もちろん、多くの人に見てもらえる動画を作るのは簡単ではありませんし、生活できるだけの収入を得ることすらそれなりのハードルを越えなくてはなりませんが、嫌々ユーチューバーをやっている人はさほど多くないはずです。

自分が好きなことをして、お金も得られる。

いま、多くの人が「ユーチューバーになりたい!」と考えるのも不思議ではありません。

働く時間や場所を自由に決めやすい

ユーチューバーとして働く魅力のひとつは、勤務時間や勤務場所に捉われることなく、自由なスタイルで働きやすい点にあります。

会社員のように、毎日決まった場所へ決まった時間に出勤することはありませんし、環境さえ整えれば、自宅で動画編集などの作業を進めることができます。

ライフスタイルを自分で創造していきやすく、一人でコツコツと作業を進めていけるため、他人などにあまり縛られたくない人にとっては魅力的な仕事だといえるでしょう。