ユーチューバーの仕事内容

動画を撮影し、ユーチューブにアップロードする

ユーチューバーとは一般的に、ユーチューブ(YouTube)にさまざまな動画をアップロードし、その広告収入によって生活している人のことをいいます。

「ユーチューブクリエイター」といった名称で呼ばれることもあります。

ユーチューバーは、基本的にユーチューブの「パートナープログラム」というものに参加しています。

そのうでで、ユーチューブ上に動画をアップロードすると、視聴数に応じた「広告費」が手元に入るしくみになっており、その額は1再生あたり約0.1円といわれています。

こうしたなか、ユーチューバーはオリジナルの動画を次々に撮影・編集し、多くの視聴者を集めることによって収益を上げています。

しかし、世界中で日々更新され続けられる動画の再生回数は平均して「数百程度」といわれており、多くの稼ぎを得られるほど爆発的な人気を集める動画はほんのわずかとなっています。

成功を目指すユーチューバーは、人々にウケるネタを考え、そのうえで撮影方法や編集にもこだわり地道にアップロードを続けることで、少しずつ知名度を上げようとしています。

知名度が上がると企業タイアップも可能に

ユーチューバーとして安定した収益を得続けるのは大変であるため、多くの人は、趣味の範囲で動画を制作していたり、他の仕事に就きながら副業としてユーチューバーとして生活をしていたりします。

一方、ある程度の成功をおさめているユーチューバーのなかには、メーカーなどの企業と契約を結び、コマーシャル動画や商品の紹介動画を制作する人もいます。

そうなれば、タイアップの報酬として一気に大きな収入を得ることも可能になります。

米国では、動画などのコンテンツビジネスが日本よりずっと進んでいるといわれますが、日本でもユーチューバーが名を連ねる動画マネジメント会社がすでに生まれており、今後はビジネスとして活動するユーチューバーがさらに増えていくことが予想されます。