ユーチューバーの現状と将来性

ユーチューバーの増加と、ビジネスへの広がり

ユーチューブ上の広告から一定の割合を収入として得ることができる「ユーチューブパートナープログラム」が一般向けに公開された2011年4月以降、ユーチューバーと呼ばれる人の数は右肩上がりだといわれます。

そうした背景にともなって、動画投稿は「趣味の一環」としてだけでなく、それによってしっかりと収入が得られる職業・仕事のひとつとしても成り立つように変化しています。

さらに、最近では知名度がアップして人気を集めるユーチューバーに対し、メーカーなどの企業が自社商品の宣伝広告制作を依頼する「タイアップ」の例も急増しています。

ビジネス戦略のひとつとして、インターネット上での動画による広告配信を行う企業は、さらに増えていくとみられています。

欧米諸国などでは日本以上にコンテンツビジネス市場が活発化していますが、日本でもコンテンツビジネスは今後も伸びていくことが予測されている分野です。

今後はユーチューバーがビジネスの場にますます台頭していくことも考えられます。

この先も、ユーチューバーのあり方は変化し続けていくことでしょう。

成功できる人とできない人の二極化も進む?

ユーチューバーを取り巻く環境が激しく変わりゆくなか、ユーチューバーとして「成功できる人」と「成功できない人」の二極化がさらに進むとも考えられています。

すでにユーチューバーとして年収何千万、何億といった大きな収入を得られるのは、ほんの限られた人だけとなっていますが、これからユーチューバーを目指す人が増え続けていっても、成功者が一気に増えるとは考えにくいです。

というのも、投稿される動画の数が増えれば増えるほど、その中に埋もれてあっという間に淘汰される動画も増え、結局は一部の人気ユーチューバーに支持が集まるだろうというのが、おもな考えられ方となっているからです。

今や誰もが簡単にユーチューバーの世界に入ってこれるようになっているからこそ、そこで成功するためには撮影や編集の技術を高め、面白いコンテンツを考え続け、ファンを確保する必要があります。

今後も市場自体は盛り上がっていくと考えられますし、自分の動画で世界中の人に何かを伝えていける魅力はありますが、そこで成功するための道のりは厳しいことは事実です。

少なくとも「楽そうだから」「簡単に稼げそうだから」といった安易な考え方でユーチューバーを目指すのは、やめておいたほうがよさそうです。