ユーチューバーに向いている人、適性

表現することが好きな人

ユーチューバーは、オリジナルの動画を撮影し、「投稿」という形で世の中に発表します。

自分自身の「これだ!」と思うものを形にしていく作業はとても楽しく、視聴者からの反応もやりがいにつながります。

しかし、長年ユーチューバーとしての生活を続けていると、どうしてもネタが尽きてしまい、最初は楽しかったネタを考えることすら苦痛になってしまうことがあります。

そうしたとき、やはり表現することが好きでないと、この世界から逃げ出したくなってしまうかもしれません。

表現する仕事にはさまざまなものがありますが、動画にして世界中の人々にアイデアや思いを伝えていく。

そう考えたときに、自然とワクワクできる人がユーチューバーには向いているといえるでしょう。

人を大切に考えられる人

ユーチューバーは、決して人と会話をしたり、コミュニケーションをとったりすることが得意でなくても大丈夫です、動画のその先には必ず「視聴者がいる」ことを忘れてはなりません。

視聴者を大切に考えることは、ファンを増やすうえでも必須といえます。

動画を撮影・編集していると、どうしても自身の主観で「これは良い作品になった!」と思ってしまいがちですが、冷静に、客観的に見直すことで、あまり面白くなかったり、わかりにくかったりする部分も見えてくるものです。

本当に人気のあるユーチューバーは、声のトーンや間の取り方、言葉遣いなど、じつは細かいところにまでものすごく気を配って動画を完成させています。

自分だけの考えで物事を進めず、いつでも「相手がどう思うか」ということまで想像できるような人は、ユーチューバーとしての適性もあるといえます。

面白いことが大好きな人

ユーチューバーは、世の中の流行やトレンドに敏感である人のほうが向いています。

なぜなら、ユーチューブでは膨大な数の動画が毎日更新され、視聴者の興味も次々と移り変わっていき、そのなかで目を惹きつけられる動画にするためには、そのタイミングで「ウケるネタ」でなくてはならないからです。

過去に流行したものを取り上げて、それをネタに新しい動画を作って人気を集めるユーチューバーもいますが、その人たちが今のことを何も知らないということはありません。

「マンネリ」はファンが離れてしまう大きな要因にもなるため、常に新しいネタを模索し、面白さを追求し続けることがユーチューバーには求められます。

自分自身が面白いこと、新しいもの大好きであり、もっと面白いものを見つけようという気持ちが持てることが、ユーチューバーの適性になるといえます。