ユーチューバーのつらいこと、大変なこと、苦労

動画の制作は手間も時間もかかる

ユーチューバーというと、好きな動画を撮影して投稿すればいいだけの、ものすごく楽しく簡単な仕事と思っている人もいるかもしれません。

実際、ただ動画を投稿するだけであれば、スマートフォンひとつでも即座に行うことができます。

しかし、毎日世界中で数えきれないほどの動画が投稿されては消えていくなかで多くの人に見てもらえる動画を作るには、視聴者にとって「見やすく」「面白い」動画を作る工夫が必要です。

たとえば、映像の途中でテロップや効果音を入れたり、余計な部分はカットしたりといった編集作業は、人気動画では当たり前に行われています。

この編集作業は、思った以上に時間がかかることであり、ほんの5分程度の動画作品を作ろうと思っても、あれこれ考えていると1日があっという間に過ぎるということもあります。

もちろん、作業は慣れもありますし、どの程度凝った動画を制作するかはその人次第ですが、それなりに手をかけた動画をコンスタントに制作していこうとすれば、決して片手間ではやれないことが実感できるでしょう。

稼げるユーチューバーはわずかな人だけ

たとえ試行錯誤を繰り返してオリジナルの動画を投稿したとしても、そのなかで本当に稼げている人はほんの一握りです。

ユーチューブの広告収入は1再生あたり0.1円程度とされており、単純計算で月に100万回再生されても10万円しか得ることができません。

100万回再生されるということも決して低いハードルではありませんから、たとえばコンビニなどでアルバイトをしたほうが、よほど効率的に稼げることだってあるのです。

近年、メディアで大成功しているユーチューバーが取り上げられる機会が増えていますが、そのような生活をしている人は本当に限られていると考えておいたほうがよいでしょう。

コンテンツを発信するという責任

誰もがインターネットを使ったりスマートフォンを持ったりする時代が到来し、一般の人にとっても動画の投稿に対する敷居はどんどん低くなっているのが事実ですが、「コンテンツを発信」するということは、それなりの責任が伴います。

芸能人などのブログやSNSでもしばしば「炎上」といった話題が出ていますが、動画も同様、軽い気持ちで投稿したものが、多くの人を傷つけたり悪い影響を及ぼしたりすることもあります。

ユーチューブでも規約に違反している動画は削除されていますが、著作権などの問題は今後さらに厳しく取り締まられる可能性もあります。

ユーチューバーは魅力ある仕事である反面、個々の責任とモラルが問われます。