ユーチューバーの給料、年収、収入

ユーチューバーはどうやって収入を得る?

ユーチューバーは会社勤めをする人のように、会社から決まった給料をもらえるわけではありません。

一般的なユーチューバーは、ユーチューブの「パートナープログラム」に参加して広告を入れた動画をユーチューブに投稿し、再生回数に応じた報酬を得ることで生活しています。

報酬額は1再生あたり約0.1円といわれていますが、つまりは再生回数が増えれば増えるほど、手元には多くの報酬が入ってくることになります。

したがって、ユーチューバーの月収は0円に近い人から、数万円、数百万円あるいはそれ以上という人までさまざまです。

企業タイアップで収入を得る人も

ある程度ユーチューバーとしての知名度が上がってくると、企業からタイアップの話が持ちかけられ、企業のコマーシャルや商品紹介の動画を制作することによって報酬を得ている人もいます。

無名のユーチューバーがいきなり企業とタイアップすることはほぼ不可能ですが、近年、ユーチューバーと企業のコラボレーションは急激に増えているといわれています。

この場合の報酬額は契約内容によって異なりますが、広告収入よりも多くの収入を得やすいことは確かです。

多くの収入を得ているのは限られた人だけ

しばしばメディアでも取り上げられていますが、日本でも、ユーチューバーとして何千万円以上もの高額な年収を得ている人たちがいます。

たとえば、日本人として最も有名なユーチューバーの一人であるHIKAKIN(ヒカキン)氏の年収は、簡単に見積もっても1億円を超えているといわれています。

HIKAKIN氏以外にも、トップクラスのユーチューバーになれば、一般的な会社員よりもずっと多くの収入を得ることが可能です。

とはいえ、それほど稼げるのは増え続けているユーチューバーのなかでもほんの一握りの人だけであり、ユーチューブに動画投稿をしているほとんどの人は、普通に生活できるだけの収入を得ることすら困難とされています。