ユーチューバーになるには

特別な資格等は必要なし

ユーチューバーになるのに、必要な資格や学歴はありません。

パソコンやカメラを使って動画を撮影し、ユーチューブに動画をアップロードすることさえできれば、誰でもユーチューバーになることは可能です。

また、収益を上げるためには基本的にユーチューブの「パートナープログラム」に参加する必要がありますが、日本国内に住んでおり、動画削除などのペナルティを受けていなければ、その申請は簡単に行えます。

これだけ聞くと、ものすごく簡単で魅力的な仕事だと思うかもしれませんが、「自称ユーチューバー」にはなれても、ユーチューバーとして生計を立てていくのはものすごく大変なことです。

実際、ユーチューバーとして生きていけるだけの稼ぎを得られているのは、動画を次々とアップしている人のなかでもほんの一握りの人だけといわれています。

成功できる人はほんの一握り

ユーチューブ上にアップした動画による収益は、「1再生あたり0.1円」程度といわれています。
※正式な発表はされておらず、タイミングによってはこの数字より前後することもあります。

しかし、世界中では毎日膨大な数の動画がアップされており、そのなかで合計1000再生もいかない動画がほとんどを占めているといわれます。

そうなれば、とても生活できるだけの収入にはならず、現実的にはアルバイトや他の仕事をしながら、副業として動画をアップしている人が多くなっています。

ユーチューバーはこれからますます増えることが予想されていますが、そうなると、これまで以上に成功する人としない人の二極化が激しくなるという意見も出ています。

成功するユーチューバーになるためには、どうすれば面白い動画を作れるのか、多くの人を集められるのか。そうした日々の研究と工夫が欠かせません。

人を集められる動画を作るために

先に書いたように、動画を撮影してアップするだけであれば、ほとんど難しいスキルは必要ありません。

日ごろからパソコンやスマートフォンによく触れている人であれば、難なくできるはずです。

しかし、「多くの人に見てもらう」ための動画をアップするためには、それなりの工夫をする必要があります。

そのひとつとして、動画編集のスキルは身につけておくべきでしょう。

ただ撮っただけの映像にテロップや効果音を入れたり、余計な部分はカットしたりすることで、より見やすく、メリハリのある映像にすることができます。

動画編集は、専用の編集ソフトを使うことで行えます。

無料のものから有料のものまでさまざま出ており、手軽に使えるものもありますが、より高度な技術を駆使して凝った動画を作ることもできます。

動画撮影をスタートすると、こうした勉強をする必要があると実感する時がくるはずです。

無名のユーチューバーの場合、ただ思ったまま動画を撮影してアップすれば勝手に流行るというのは難しいため、いかに再生回数を増やす工夫ができるかが、成功するためには重要なポイントとなります。