ユーチューバーの事務所

ユーチューバーの事務所とは

いまや、世界中で10億人以上もの利用者を誇るユーチューブ。日本でもユーチューバーとして活動する人は年々増えているようです。

基本的に、ユーチューバ―は企業などには所属しない「フリーランス」の形で活動していますが、なかにはユーチューバーの事務所に所属して活動する人もいます。

現在、日本におけるユーチューバ―の事務所として最も有名かつ規模が大きなものが「UUUM(ウーム)株式会社」です。

この事務所を筆頭に、いくつかのユーチューバ―の事務所が存在していますが、今後もユーチューバ―が増え続けるにしたがって、ユーチューバ―の事務所が新たに登場することも考えられます。

ここからは、「UUUM株式会社」の詳細について紹介します。

UUUM株式会社の概要

UUUM株式会社は2013年6月、ユーチューブ初の芸能プロダクションとして設立されました。

おもな事業内容は、ユーチューバーのマネジメントや動画制作サポートと、ユーチューブを利用したプロモーションのプランニングです。

同社には、国内のトップユーチューバーである「Hikakin氏」や「はじめしゃちょー氏」をはじめ1600人以上のユーチューバーが所属しています。

ユーチューバーが作った動画に対して最も収益化できる仕組みを考えたり、ユーチューバーがコンテンツ制作に集中するための各種サポートを行ったりしています。

一方、UUUM株式会社側は、ユーチューバーの制作した動画の広告収益の一部を得ることなどによって、自社の収益を上げています。

事務所に所属するメリット

ユーチューバーとして動画を制作・投稿するだけであれば、なにも事務所に所属する必要はありません。

それでも、UUUMに所属するメリットは、いったいどのようなところにあるのでしょうか。

ひとつは、先にも挙げた通り事務所のサポートが期待できるという点です。

動画制作だけでなく、グッズ販売、イベント運営、キャンペーン展開、テレビ・雑誌等のメディア取材対応など、多様な活動を見据えたサポートを行っているようです。

また、所属クリエイター同士で交流できる場があることや、コンテンツの素材となる音源や各種素材などが利用できたりすることも、メリットといえるでしょう。

事務所に所属すると収益のすべてが自分の手元に入るわけではなくなりますが、その分、安心感は得やすいのではないでしょうか。

現在、UUUMではユーチューブチャンネルを持っており、動画をアップロードしている人であれば誰でもエントリーすることが可能となっています。

しかし、事務所に所属すれば絶対に成功するという保証はありません。

そのことを理解したうえで、自分一人だけの活動ではなかなかうまくいかないという場合などには、応募を検討してみてもいいかもしれません。