副業のユーチューバー

副業として活動する人が増えている

ユーチューバーは、それを専業としている人がいる一方、他の仕事をしながら副業として活動している人が多いことも特徴のひとつです。

ユーチューバーとしての活動は、会社に勤める人のように場所や時間が問われにくく、動画を撮影・編集し、アップロードする環境さえ整えばいつでも、どこでも行うことができるため、副業としてもやっていきやすいといえるでしょう。

「ユーチューバー」という言葉が世の中に広まり、動画をユーチューブに投稿して収益を上げることの敷居が低くなるに従って、副業ユーチューバーはますます増加傾向にあるといわれます。

副業ユーチューバーになるメリット

じつは、副業のユーチューバーが多い背景には、それを専業にして生活していくのがとても大変だということが挙げられます。

たとえユーチューバーとして生きていきたいと思っても、それだけの収入が望めず、仕方なく他の仕事をしながらユーチューバーとしての活動も行っているという人は決して少なくありません。

よく、多額の収益を得ているユーチューバーがメディアで取り上げられますが、それほど大成功しているのは、世界中に大勢いるユーチューバーのなかでもほんの一握りの人のみです。

ほとんどの人にとって、再生数に収益が影響される動画の投稿で安定した稼ぎを得ることは難しいため、他の仕事によって安定した収入を確保しておくことは、ユーチューバーとしての活動を行ううえでも大事だといえるでしょう。

当然、副業としてでも収益が出れば、それだけ合計の収入が増えることにもなります。

副業ユーチューバーの苦労

副業ユーチューバーになると、専業で行う以上に生活が忙しくなることも覚悟しておく必要があります。

意欲さえあれば、日中は会社で仕事をし、深夜や休日の時間を使って動画撮影や編集を行うことは十分に可能ですが、睡眠時間や自由に過ごす時間はどうしても削られてきます。

もちろん、動画投稿はノルマがあるわけではありませんからマイペースにやることは可能ですが、「知名度を上げたい」「少しでも再生数を増やしたい」というのであれば、ある程度コンスタントに動画を投稿していく必要があるといわれています。

また、動画を撮影するために、新しいネタやアイデアを常に考えることも大切です。

こうしたことから、副業でユーチューバーを真剣にやろうとすると、ものすごく忙しい日々を送ることにもなりがちです。