傭兵に向いている人、適性

「戦うこと」に対する強い覚悟が持てる人

「戦いのプロ」として戦場で活躍する傭兵は、戦争のない日本で過ごす日本人にとっては特殊な職業だといえます。

ひとたび戦地に行けば、あちらこちらで銃声が飛び交う中で過ごしますし、命を失った仲間の姿を目の当たりにすることもあります。

そんなとき、もし動揺して何もできなくなれば、傭兵としては失格とみなされてしまいます。

傭兵は、常に生と死の瀬戸際で戦っています。相当な精神力を持っていなければ、恐怖感に打ち勝つことはできません。

戦うことに対する自分なりの意義を見出し、「必ず任務をまっとうする」という強い覚悟と意思を持ち続けられる人こそが、傭兵に向いているといえます。

体力があり、健康的であること

過酷な戦場で長期間過ごす傭兵は、人並み外れた身体能力が必要とされます。

スキルや体力はトレーニングによっても身につきますが、そもそも体力にまったく自信がないという人は、この仕事に向いているとはいえません。

発展途上国は衛生状態のよくない場所も多いですし、戦地の状況によっては森の中や岩陰などで何日も身を潜めることもあります。

そこですぐに体調を崩したりするようでは、傭兵として100%の力を発揮することは非常に難しくなります。

ですから、まずは健康的であること。そして、体力に自信があればあるだけ好ましいといえます。

挑戦を恐れないこと

傭兵を目指すなら、変化や挑戦を恐れることなく、どんどん新しい環境に自分から飛び込んでいけるような人のほうが望ましいです。

戦場では、毎回いろいろな国から集まった傭兵たちとチームを組むため、初対面の仲間と積極的にコミュニケーションをとることが必要とされます。

そして、外国人と接することが非常に多いため、物怖じせず、自分をアピールしていけるような人が向いているといえます。