傭兵に必要なこと、求められること

強靭な体力と精神力

傭兵は、戦争のない日本で暮らす日本人にとっては、かなり特殊な職業だといえるでしょう。

傭兵は第三国の人間として、自ら望んで各地の戦争に参加します。戦場は私たちの想像を遥かに超えた過酷な場所ですが、そこに行く傭兵たちも当然、厳しい環境下で生活し、戦い続けなくてはなりません。

人それぞれ傭兵になる動機は違っても、まず「強い意志」がなければ到底務まらない仕事です。

「命の危険にさらされるから良い報酬がもらえる」なんていうことはめったにありませんから、「自分が傭兵でありたい理由」を持っていなければ、死を間近に感じる場所で過ごす恐怖感に打ち勝てず、すぐに脱落してしまうでしょう。

そして、何といっても強靭な体力と精神力が求められます。どちらが欠けても傭兵としての役割を果たすことはできず、現場で「使えない」と判断されたならば即刻クビになることもあります。

もちろん、自分の身を守ることができなければ、死の可能性も大きく高まっていきます。

一般の人々を圧倒する強さなくして、傭兵として戦い続けることはできません。

命をかけた仲間を信頼すること

傭兵部隊は、あくまで傭兵一人ひとりが雇い主と契約を結ぶフリーランス集団ですが、戦争は一人きりでどうにかなるというものではありません。

同じ部隊やチームに集まった傭兵たちと信頼関係を築き、連携することが、業務を遂行するうえで非常に重要なものとなります。

極限状況に追い込まれる戦場においては、「同士討ち」の可能性も念頭に置いておかなくてはなりません。

それぞれが高い戦闘能力を有し、危険な武器を身につけているのですから、万が一仲間割れにでもなれば傷つけ合いが始まってしまうかもしれません。

「アイツは何を考えているかわからない」と人を疑うことは簡単ですが、傭兵にとって大切なのは、共に目的に向かうお互いを信じ合うこと。そして、危険な状況下においても、どれだけ冷静な判断が下せるか。

結局そこにも、圧倒的な精神力が求められるのです。