養護教諭の立場

学校のマネージャー

養護教諭の学校での立場ですが、一言でいいますと、管理職ではありませんが、職員や生徒の健康を管理するマネージャーと言えるかもしれません。

養護教諭は担任を持ちませんので、どこの学年にも所属しません。そのかわり、校内の人全員の健康管理を行います。

インフルエンザなどの流行性の病気が発症した時は、校長先生などの管理職と相談をして、学校を休校にするとか学年閉鎖にすると言ったことを決めます。最終判断は校長ですが、養護教諭の意見を参考にして決定を下します。

養護教諭は遠足や校外学習、修学旅行などにも付き添います。

ただ、担任ではありませんので、学級のことにあまり口出しはできません。しかし、アドバイスを与えることはできますし、担任からの質問に応えることもできます。

特別支援学校の養護教諭

また、特別支援学校などでは、養護教諭は2人います。一人はベテランの方で、もう一人は若い方です。ベテラン養護教諭は若い人に指導する上司的な立場でもあります。

2人養護教諭がいると、お互いをサポートすることができます。1人が遠足の引率などで抜けてももう1人が残っていますから、安心できますね。

ベテランの養護教諭がいないときは、若い人が健康管理をする立場になります。1年目だからといって、わかりませんではすまないこともあるので、研修も多く行なわれています。

養護教諭は学校には欠かせない立場と言えるでしょう。