養護教諭の1日

始業前

校種やそれぞれの学校によって前後しますが、8時過ぎから朝の打ち合わせ(職員会議)があります。それまでに保健室の整備をしたり、校内巡視(窓を開ける、石鹸やトイレットペーパーが足りているか確認するなど)をしたりします。

打ち合わせ後は、朝の会(SHR)に参加できない児童・生徒が保健室前で待っている場合があり、その子どもたちと話をしながら、各クラスの欠席者や健康観察カードをチェックします。

日中

具合の悪い児童・生徒をベッドで休ませながら、保健だよりや職員・保護者向けのプリント作成、掲示物作り、健康診断のデータ処理など、事務仕事をこなします。

また、体調不良を訴えて来室した子どもが悩みを語りだすこともありますので、その場合は面談をします。休み時間には、検温や体重測定、教室移動の途中で立ち寄った児童・生徒で保健室がにぎやかになることも。

小・中学校は給食、高校は弁当を食べますが、職員室で他の先生方と情報交換をしながら昼食をとる人もいれば、保健室で事務的作業を進めながらの食事になる人もいます。

養護教諭に限らず、児童・生徒にとっては休み時間・昼食の時間でも、教員は勤務時間なのでゆっくり過ごすことはありません。昼休みに保健委員会を開く日もあります。

清掃時には保健室の掃除を指導しつつ、トイレの清掃状況を確認しに行きます。

放課後

引き続き事務処理をしつつ、話を聞いてほしくて来室する子どもの対応に追われます。あるいは、面談をして担任や部活動顧問など他の先生との連携が必要であると感じた場合は、その先生と指導に関する打ち合わせをすることもあります。

さらに、部活動や補習等で怪我をしてしまった児童・生徒に付き添って病院まで行くことも少なくありません。勤務終了時刻は17時頃ですが、定時に帰路につけることは稀です。

学期・行事・季節の業務

1学期には身体測定や健康診断が集中しているので、春休みから準備を始めます。

そして、遠足や宿泊訓練、修学旅行など校外で行なわれる行事を引率するのはもちろん、スポーツテストや運動会(体育大会)、マラソン大会など体育的行事の折にも、養護教諭は全校生徒の健康に気を配ります。

冬季にはインフルエンザが流行しますので、保健だよりなどで早めに予防を呼びかけたり、校内巡視をして子どもたちや先生方に換気を促します。不調を訴える児童・生徒はなるべく早退させ、感染がそれ以上広がらないように気を遣うことに。

このように、養護教諭は毎日が多忙な上に時期的にいっそう仕事が集中することもあり、緊張の連続なのです。