養護教諭になるための学校

一種免許状が取得できる4年制大学

養護教諭を目指す道として最もスタンダードなのが、養護教諭養成課程のある4年制大学に進んで一種免許状を取得する方法です。

文部科学省は一種免許状が取得できる大学として、2009(平成21)年4月1日現在、公私合わせて105校の通学課程を挙げています。この中に短期大学が3校ありますが、二種免許取得済みあるいは取得見込であることが受験の条件となっています。

その後、7校が追加されたので、平成22年度には112校の大学に養護教諭養成課程が設けられました。

看護学部、教育学部、医学部などの中の看護学科や健康学科、保健学科等で一般教養・教職教養、専門科目を学びます。ちなみに、通信課程で一種免許を取ることができる大学は4校あります。

養護教諭の免許資格を取得することのできる大学

二種免許状が取得できる短期大学

文部科学省は二種免許が取得できる私立短大を平成21年4月1日現在で17校、翌年には1校を追加して示しています。

生活学科や家政学科、看護学科等で指定の科目を学べば免許状が授与されます。養護教諭一種・二種ともに、免許状が取得できる大学・短大は全国に数多く存在します。

しかし、秋田・福島・富山・和歌山・鳥取・大分・宮崎の7県には養護教諭養成課程を有する大学・短大がありません。

教育現場における養護教諭の存在意義が高く評価される昨今、複数配置への動きも見られるため、新たに養護教諭養成課程を設ける大学・短大もあることでしょう。

現在、住んでいる県で養護教諭の免許状が取得できず、県外への進学が難しいという場合でも進路課の先生に相談するなどして新設の有無を確認することを勧めます。

専修免許状が取得できる大学院

2010(平成22)年現在、公私合わせて51校で養護教諭専修免許状を取得することができます。

教育学研究科、看護学研究科、保健学研究科などに進んで専門性を高めることで資格が取れます。

文部科学省「指定教員養成機関」

看護師の資格取得を経て養護教諭一種免許状を取りたい人は、文部科学省が示す「指定教員養成機関」で所定の単位を修得することにより、免許状が受け取れます。

国立大学6校、公立専修学校1校がこれに該当します。

保健師の資格を取った上で養護教諭を目指すという人は、文部科学大臣指定の養成機関(専門学校1校のみ)で定められた科目を修得すると、二種免許が取得できます。