幼稚園教諭の養成課程で学ぶこと

幼稚園の先生として働くためには、幼稚園教諭養成課程のある短大や4年制大学、専門学校などで勉強しないといけません。

ここでは、それらの学校でどのようなことを勉強するのか紹介していきます。

ピアノ

幼稚園教諭は、ピアノが演奏できなくてはなりません。

そのため、養成学校でもピアノの授業が行われます。しかし、決して音大のように入学時に高い演奏技術が求められるわけではなく、実際、それまでピアノに触ったことのない学生もいます。

そのため、現時点でピアノが弾けないという理由で幼稚園教諭になるのをあきらめる必要はありません。ピアノが苦手という学生は珍しくなく、スラスラ弾ける人は一握りです。

授業では簡単な童謡を弾いたり、バイエル(ピアノの基礎となる曲)を練習します。クラス全員の前で発表するようなテストが行われることもあります。

心理学

心理学や臨床心理といった内容の授業もあります。これらは、子どもの心理状態や感情コントロールなどについて学ぶための授業です。

折り紙

幼稚園教諭らしい授業の一つとして、学校によっては折り紙を学ぶものがあります。

講師がオリジナルで折り紙の折り方の冊子を生徒に配布し、その冊子を見ながら折り紙を折っていくという内容です。

ちょっと変わった折り方なども学べるので、楽しんで授業を受けることができます。

リトミック

リトミックとは、リズムに合わせて体を動かしていくリズム遊びのようなものです。

講師が鳴らす太鼓の音などに合わせて身体を動かします。2拍子・3拍子など拍子に合った動きをします。

最初は、手と足が合わなくなってバラバラになってしまう人もいますが、授業を進めていくうちにできるようになります。

体育

体育の授業では、一般的な学校で行う球技や縄跳びなどもありますが、幼稚園教諭を目指す学校ならではの内容として、子どもと楽しめるようなゲームやスポーツがあります。

たとえば、手品を学ぶようなこともあります。

保育日誌

保育日誌や指導計画の書き方も学びます。

これらは、仕事をするうえで欠かせない書類です。書き方は慣れるまで時間がかかり、すぐに上達するのが難しいため、学生のうちから基礎を勉強しておきます。

先輩の見本の書類などを見ながら書く練習をしていきます。

実習

学内での勉強のほか、幼稚園教諭の養成課程では公立幼稚園や私立幼稚園などでの実習も行われます。4年制大学の場合、1年次に観察実習、その後、年次が上がると教育実習を行うことが多いようです。

このように、幼稚園教諭の養成課程ではちょっと変わった授業もあり、毎日楽しみながら学ぶことができます。ここで挙げた以外にも、美術や保健・国語など、一般的な授業ももちろんあります。

その学校オリジナルの授業もあるため、オープンキャンパスや資料、インターネットなどを利用して調べてみましょう。

仕事体験談