幼稚園教諭通信講座のメリットとデメリット

幼稚園教諭の通信講座とは

幼稚園教諭になりたい人でも、家庭の事情や経済的な面で、どうしても通学制の大学や短期大学に通えない人もいるでしょう。

そのような場合でも、幼稚園教諭になるための道があります。それが大学の通信講座です。

一部の大学では「通信制」の幼稚園教諭養成課程が設けられており、通信で必修単位を習得すれば、通学制のカリキュラムと同様に幼稚園教員免許を取得することができます。

幼稚園教諭になるための通信講座を開講する大学等は、「通信教育部」という名称になっていることが多いです。

大学によって、2年次編入や科目等履修生など、さまざまなコースが用意されています。また、保育士資格を持ち実務経験が3年以上ある人を対象とした「特例制度(最大8単位の修得によって、幼稚園教諭免許状が取得可能)」を実施している大学もあります。

通信講座を検討する際は、まず各学校のカリキュラムや特色を調べてみるとよいでしょう。

通信講座のメリット

・いつでも自分の空いた時間に勉強ができる
・自分のペースで勉強を進めることができる
・学校に通うよりも費用がかなり安くなる
・場所を問わず学ぶことができる

通信講座は、通学制の大学や短大等とは異なり、基本的に自宅での学習となります。学ぶ日や時間も自分で計画できるため、プライベートと勉強を両立させやすいことがメリットです。

ただし、通信でも100%自宅学習というわけではなく、併せて「スクーリング」を行う必要があります。スクーリングは、短期集中で行う学校もあれば、週末を利用して定期的に実施する学校もあります。

学費に関しては学校によって異なりますが、通学制の学校の何分の1程度にまで抑えられることは珍しくありません。

通信講座のデメリット

・学校を卒業した人よりも就職率が低くなる
・実習などの手配を自分でする必要が出てくる
・勉強で分からない事があっても直接聞くことがなかなかできない

しかし、デメリットといえる面もあります。

通信での勉強は、通学制の学校とは異なり、基本的に自主学習となります。わからないことが出てきたときに周りにすぐ質問できる環境がないと、やる気が出なくなってしまうかもしれません。

また、幼稚園教諭養成課程では実習も必須となっていますが、通信の場合、実習をする際には自分で幼稚園を探して申し込みを行わなくてはならないことが多いです。

就職サポートも通学制の学校のほうが充実しているケースが多く、就職率は通信のほうが低めとなっているようです。

就職状況は?

気になる就職状況ですが、先ほどデメリットで挙げたように、学校を卒業した人と比較すると通信講座で受験した人のほうが不利なようです。それでも、実際に通信講座で勉強して幼稚園で働いている人もいます。

最も大切なのは、どのような環境であろうと「絶対に幼稚園の先生になる」という意思を持って、夢に向かって着実に勉強を重ねていくことでしょう。

通信といっても複数の学校があるため、事前に資料請求をして比較検討するとよいでしょう。そのなかで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

仕事体験談