幼稚園教諭の就職状況

幼稚園教諭として働きたい人にとって気になるのは、やはり就職の状況でしょう。

ここでは、どれくらい求人が出ているのか、どういう人が就職に有利かということをお話します。

求人の状況

まず、幼稚園教諭の求人状況ですが、決して少ないわけではありません。自分が気に入った幼稚園で働けるかどうかは別として、幼稚園に就職すること自体は、だいたいの人ができるくらいの状況です。

ただ、気を付けたいのは応募条件のなかの「学歴」です。幼稚園によっては、4年制大学を卒業した人は採用しないという方針の園もあるようです。

その理由は、4年制大学を出ている場合、短大卒業の人よりも給料の設定が高額になるためです。声を大にしてはいえませんが、幼稚園側としては少しでも少ない出費にしたいと考える傾向にあるようです。

しかし、なかには4年制大学を卒業した人を優先して採用する方針の幼稚園もあります。

その背景としては、短期大学よりも4年制大学のほうが単位が多く必要になることから、4年制大学卒業者は多様な知識を身につけており、幼稚園の戦力になると考えられていることが挙げられます。

こうした方針は幼稚園によって異なるため、就職前に調べておくとよいでしょう。

就職に有利な条件

幼稚園教諭として就職するにあたり、有利な条件を紹介します。

まず、現場実習を行った人は採用されやすい傾向になっています。また、自分が昔通っていた幼稚園へ就職を希望する場合も、採用されやすいといわれています。

実習は、学校で学んだ知識を現場でどう生かすか考える良い機会となりますが、同時に、自分自身をしっかりとアピールすることが大切です。要は、他の人とは違う面をいかに見せられるかどうかがポイントになります。

園長や主任、権力のある幼稚園の職員などに印象を残すことができたら、採用される可能性は高まるでしょう。

また、通っている大学や短期大学に隣接する幼稚園や、その付属の幼稚園がある場合にも、採用されやすいとされています。

しかし、どの幼稚園で働くにしろ、幼稚園教諭になるには学生時代にきちんと勉強することが不可欠です。

そのうえで将来の目標をきちんと立てて熱意を伝えれば、就職難といわれているこの時代でも、就職先で困ることはそれほどないでしょう。

仕事体験談