幼稚園教諭の就職先の選び方

安易に決めない

幼稚園教諭の免許を取得したら、「幼稚園の先生になる」という夢の実現まであと一歩です。

就職先を選ぶこと。これが次なるハードルとなります。

しかし、「選ぶだけ」といっても、就職先を選択するのは簡単なことではありません。ここで気を付けたいのは、面倒だからといって安易な気持ちで決断してしまうことです。

しっかりと情報を集めることもなく、何となくの気持ちで決めてしまうと、いろいろな面で後から後悔してしまうかもしれません。

就職先を選ぶ際によく見かけられる悪い例を挙げます。

・自宅からの距離が近い場所に幼稚園があるからそこに決める。
・他の幼稚園と比べて給料が良いから決める。
・口コミなど、信用が薄い情報で決めてしまう。

幼稚園の教育方針や職場環境をよく調べず、上記のような決め方をしてしまうと、いざ仕事を始めてから「自分には合わない」「想像していたものと違った」と思ってしまう可能性も高くなります。

どんな幼稚園で、どんな方針で、どんな指導を目指しているかということは、最低限調べておく必要があるでしょう。

就職先選びで失敗しない方法

幼稚園を選択するうえで、ぜひ頭に入れておいてもらいたいことを紹介します。

・幼稚園に実際に足を運び、幼稚園教諭の話などを聞き、実習が可能ならさせてもらう。
・幼稚園のパンフレットを見ていくつか候補を挙げ、その中から自分に合っているであろう幼稚園を選択する。
・ホームページなどで幼稚園の情報を知る。
・幼稚園の行事(作品展・運動会など)で参加可能なものなら、見学に行く。

などが、就職先選びで失敗しない方法でしょう。

ときどき、ハローワークなどで頻繁に求人募集を出している幼稚園を見かけます。そのようなところは、きちんと調べてみましょう。

常に求人募集をするということは、「人員が足りない=頻繁に退職している」ということかもしれません。

必ずしも何かの原因があるとはいえませんが(相次ぐ結婚・妊娠による退職あった場合など)、情報を得てから決めたほうがよいでしょう。

自分の希望を明確に

就職先を選ぶ際、何より大切なのは「自分に合った幼稚園を見つける」ことです。人によって、何を重視して働きたいかは異なるのが当たり前です。

したがって、自分がどんな幼稚園を望んでいるか、という軸をはっきりさせておくとよいでしょう。

幼稚園によって、行事などにも差があります。大規模なイベントを行う園もあれば、細かい行事が多い園もあり、それぞれの特徴・個性のある方針になっています。

せっかくお金や時間をかけて取得した幼稚園教諭の免許です。焦らず、自分に合った良い幼稚園を選択できるようにしたいものです。

仕事体験談