幼稚園教諭(幼稚園の先生)の給料・年収

平均的な年収

幼稚園教諭の年収は、300万円〜350万円程度とされています。

しかし、地方や地域、働く幼稚園によって差があるほか、以下のような違いによっても給料は大きく変わることがあります。

公立か私立か

公立の幼稚園の場合、身分は公務員となります。定期的な昇給があり、長く働けば働くほど給料は高くなっていきます。

私立の場合、幼稚園によっての差がだいぶ大きくなっています。同じ年度に、同じ短大を卒業したとしても、勤務する幼稚園によって給料に数万円もの差が出ることは珍しくありません。

学歴によるもの

たとえば、短期大学卒業の場合と、4年制大学卒業の場合には、給料に差がでてきます。

短大では「幼稚園教諭2種免許状」が、4年制大学では「幼稚園教諭1種免許状」が取得できます。

免許によって仕事内容に制限があるわけではありませんが、4年制大学を新卒で出ている人のほうが、短大を新卒で出た人よりも初任給は高めに設定されているのが一般的です。

初任給は?

初任給にも幅があり、手取りにして10万円〜15万円くらいが相場と考えられます。

ただし、地域や幼稚園によって差が生じるため、はっきりと答えるのは難しいところがあります。就職前に、さまざまな幼稚園の情報を調べてみたほうがよいでしょう。

なお、初任給で手取り20万円以上をもらえるケースはあまり多くないようです。

私立の幼稚園でも公立幼稚園のように毎年昇給があり、長年勤務すると20万円以上がもらえるようになることもありますが、そこまで高い給料が望める仕事というわけではありません。

ボーナスの支給の有無や金額などによっても年収は大きく変わるため、よく確認しておいたほうがよいでしょう。

幼稚園教諭は魅力ある仕事ですが、いざ仕事をスタートすると、給与面に納得できず退職してしまう人もいるようです。そのようなことのないように、事前に状況を把握しておくことが必要です。

幼稚園教諭の平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、幼稚園教諭の平均年収は32.3歳で340万円ほどとなっています。

・平均年齢:32.3歳
・勤続年数:7.5年
・労働時間:175時間/月
・超過労働:3時間/月
・月額給与:229,800円
・年間賞与:644,000円
・平均年収:3,401,600円

出典:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 幼稚園教諭の年収(規模別)

事業所の規模別の年収では、規模が大きくなるほど年収が高くなっています。10〜99人の規模に勤める幼稚園教諭の平均年収は339万円、100〜999人規模は343万円、1000人以上規模は439万円、10人以上規模平均340万円となっています。

幼稚園教諭の年収(規模別)_27

平成27年度 幼稚園教諭の年収(年齢別 ※女性のみ)

幼稚園教諭の年収は、年齢を重ねてもさほど変化がありません。50代になるまで、300万円台の給与が続いています。

平均年収は332万円となっています。
幼稚園教諭の年収(年齢別)_27
※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

勤務時間・休日

勤務時間

勤務時間は8時〜17時ごろとなることが一般的です。子どもがいる間は、ほとんど休む暇もなく、忙しく過ごします。

また、子どもが帰宅した後にも指導記録や指導計画などの書類作成、ピアノの練習、教材の準備などやらなければならないことは多岐に渡ります。年間を通じて行事の準備もしなければならず、残業することも少なくありません。

休日

勤務先によりますが、基本的には土日休みの週休二日制となります。土日に運動会などの行事があるときには、代わりの日が休みになります。

また、夏休みや冬休みもあるため、比較的休日はしっかり取れる仕事です。

仕事体験談