回答者:ちょこさん(女性/26歳)

職業名:幼稚園教諭 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:4年

仕事内容
仕事内容は、3歳から6歳までの子どもの、保育がメインです。

絵を描いたり物づくりなどの製作活動や、友だちや先生との遊び、うたを歌ったり踊ったりします。

その他に、保育室の装飾や、子ども一人ひとりに関する書類作成や、保護者との面談や行事等の準備などもあります。

幼稚園教諭を目指したきっかけは、一番に子どもが好きだったことと、ピアノや歌も好きだったので、目指しました。
仕事のやりがい
自分の見ているクラスの子どもの成長を見られる、ということが一番です。

はさみを使えなかったのに、使えるようになった。

緊張して、友だちと話すことができなかったのに、みんなと仲良く話せるようになった。

このように、できなかったことができるようになる瞬間に、自分が携われるというのが素晴らしいことです。

子どもとしっかり向き合っていると、自分自身もたくさん成長しますし、いろいろな経験をすることができます。

また、子どもの笑顔、先生大好きといった言葉を聞くと、本当に幸せを感じます。

このようなことが、日々おきるので、とてもやりがいを感じます。
覚悟しておいた方がいいこと
体力面と精神面で、大変なことが多いです。

とても暑い中でも子どもと走りながら外で遊んだり、あっちでケンカ、こっちでケンカ、そっちでおもらしなど、何が起こるか分からない日々です。

なので、一人で何十人もの子どもを見ることは、とても体力がいります。

また、子どもたちの心を育てることは、とても大変です。

ときには先生嫌いと言われてしまったり、言っても聞かないことがあったり、ケガや病気、など悩みがつきないので、精神的にも疲れてしまいます。

そして、子どもだけではなく、保護者との関わりや、教員同士の関わりもあるので、つらいことは日々あることを覚悟をした方がいいと思います。

給与は低く、残業手当は出ません。

朝は早く、残ってしまう仕事は持ち帰って家で行います。

慣れるまでは、仕事三昧です。

でも、いくつになってもできる仕事だと思います。
給料・待遇
給料は低いです。

長く続けるほどあがりますが、大した額ではありません。

1年目(20歳)で、月収19万円です。

そこから保険など引かれて、手取り16万円でした。

私の勤めていた幼稚園は、ありがたいことに交通費がでましが、4千円でした。

ボーナスは年に2回、6月に31万円、12月に37万円でした。

年収は300万円です。

一年ごとに3千円ごとの昇給でした。

夏休みは8月に3週間で、1日2日勤務がある程度ですが、しっかり8月の給与もでます。

また結婚、出産をすると、お祝い金として8万円もらいました。

退職金は4年務めて、37万円でした。
この職業の恋愛・結婚事情
ほとんど出会いはありません。

同期や先輩に声をかけてもらったり、友だちとの合コンでの出会いがメインです。

街コンに行く人も多数いました。

消防士や警察官、自衛官との結婚が多いと思います。

私の先輩は、幼稚園に来てくれた消防士に声をかけられ、合コンをした感じです。
この職業を目指す人へのメッセージ
幼稚園の先生は、とてもやりがいがあり楽しい仕事です。

何より、子どもと関わることは、自分の元気の源にもなります。

大変なことはたくさんありますが、それ以上に楽しいことや嬉しいことがあるので、ぜひ目指してほしいです。