結婚・子育てをしながら幼稚園の先生として働ける?

幼稚園教諭が働く幼稚園には、大きく分けると「公立」と「私立」の2種類があります(そのほか、数はだいぶ少ないですが「国立」の幼稚園もあります)。

ここでは、それぞれの特徴などを簡単に紹介します。

公立の幼稚園

幼稚園全体の約4割を占めているのが公立の幼稚園になります。公立幼稚園の大半は市区町村が運営するものであり、ここで働く幼稚園教諭は「公務員」の身分になります。

私立幼稚園との違いで最もわかりやすいのは、学費です。地域や幼稚園によって多少の差はありますが、私立の幼稚園よりも大幅に安くなっています。だいたい月に8,000円前後が相場となっているようです。

幼稚園には、運動会や夕涼み会など、季節ごとにさまざまな行事がありますが、公立のほうが少し地味に感じるかもしれません。また、幼稚園教諭が退職する人が少ない傾向にあります。

その大きな理由は、公立の幼稚園は私立のそれよりも給料や待遇が良く、定期的な昇給もあるため、仕事を続けたいと考える人が多いからだと考えられます。

なお、かつては公立幼稚園では子どもを預かる時間を長くする延長保育を取り入れていないところが大半でしたが、最近では延長保育を行っている公立の幼稚園も増えているようです。

私立の幼稚園

幼稚園全体のうち、約6割が私立となります。私立では宗教団体(キリスト教・仏教など)が運営している場合もあります。

そのため、食事の前のお祈りなど、幼稚園によって保育内容に違いが大きく出やすいことが特徴です。

私立幼稚園の大半は、学校法人が運営する形となっています。行事は幼稚園によってだいぶ違いますが、盛大に開催するところが多い傾向のようです。

また、幼稚園によって保育方針がまったく違います。

たとえば「お受験・勉強優先」として、幼児のうちから英語教育などに力を入れる幼稚園もあれば、「子どもを自由に遊ばせ、のびのびと過ごさせる」ことを重視する幼稚園もあります。

学費については、月に3万円〜4万円ほどかかるところが多く、公立に比べるとだいぶ高額になっています。

有料で延長保育を行っている幼稚園が多いことも私立幼稚園の特徴です。

仕事体験談