幼稚園教諭(幼稚園の先生)の1年の流れ

幼稚園にはたくさんの行事があり、その準備などを行うことも幼稚園教諭の大事な仕事の一部です。

幼稚園によって行事の内容や開催時期は異なることがありますが、ここでは、ある幼稚園で行われている代表的な行事を取り上げながら、幼稚園教諭のおおまかな1年の流れを紹介します。

4月

どの幼稚園でも、この時期に始業式・入園式があります。始業式では1つ上のクラスに上がることで子どもはウキウキ・ワクワクしているのが見ているだけで伝わります。

入園式は、幼稚園教諭の腕の見せ所のひとつでもあります。初めて親から離れて集団生活を送る子どもたちを、どう迎え入れるのか。

この日は保護者も来ていますが、なかなか親御さんと離れられなかったり、ずっと泣きっぱなしだったりする子もいます。

そんな子どもたちを幼稚園教諭は1人または補助の先生と2人で見ていかなければなりません。

5月

新年度になってしばらくすると、春の遠足や春の運動会などがあります。幼稚園によって異なりますが、保護者も一緒に同伴して遠足に行くことが一般的です。

6月

作品展を開催します。作品展とは、子どもが描いた絵や製作した作品などを教室や廊下・ホールなどに飾って保護者やいろいろな人に見てもらう行事です。

子ども一人ひとりの作品に幼稚園教諭がコメントを書いてそれも一緒に展示し、その作品づくりの過程や子どもが作っている様子などを発表します。

7月

七夕・夕涼み会があります。子どもだけでなく、先生も一緒に浴衣を着て盆踊りを踊ったり、出店を出したり、花火をしたりします。

花火は打ち上げで、幼稚園教諭は危険のないように子どもを見ながら、少し離れた場所から打ち上げます。

9月

3大行事のひとつといえる秋の遠足が行われます。このときは一般の保護者は参加せず、幼稚園教諭と子ども、役員の方のみの参加になることが多いです。

行き先はさまざまですが、動物園に行くことは多いようです。

10月

運動会が行われます。春の運動会より、時間も種目も盛大に行います。保護者もカメラやビデオに収めるために、熱が入っています。

幼稚園教諭は、子どもがケガをしないように注意深く見守りながら、行事を盛り上げます。

11月

秋の作品展です。春は1人につき1点の作品だったのに対し、秋は絵と製作の2点を1人が展示するようになります。

12月

子どもが待ちに待ったクリスマス会です。男性幼稚園教諭がいるとサンタクロースになりきり、大盛り上がりとなります。

1月・2月

お正月の遊びや節分があります。節分では子どもが自分で作った鬼のお面を付けて豆をまきます。

3月

終業式・卒園式の季節です。卒園式は何度経験しても感動を味わうことができ、涙を流す幼稚園教諭もたくさんいます。

3年間の子ども達のことを振り返ると、本当に成長したと感じる事が出来ます。

このように、幼稚園では毎月いろいろな行事があります。

また、これだけでなくお楽しみ会やお誕生日会などイベントは盛りだくさんであるため、幼稚園教諭自身も楽しむことができるでしょう。

仕事体験談